最近はメインベースとなっているYAMAHA BB-Ltd.です。パーツを少しずつ交換しながら出音の向上を図っています。弦をKen Smithのハーフラウンドに換えて落ち着いた出音になっているのですが、もう少しパリッとしたハイの成分も欲しくなってきました。

 再びラウンド弦に戻すのも嫌だし・・・、と考えていたらあるパーツの事を思い出しました。KTSのチタン製のサドルPR-03です。以前入手した際に、別のJBに取付けたら、ローが無くなり腰高な出音となったので、気に入らずに短時間で取外してそのままパーツ箱で眠っていたのでした。

 Ken Smithのハーフラウンド弦に張替したBB-Ltd.JBスタイルと思えないほどにローが出るようになっていたので、このチタン製のサドルで不要なローがカット出来るのでは?と考えたのです。

 左のデフォルトのスパイラルサドルを右のチタン製サドルに交換しました。

_IGP4517.jpg        _IGP4521.jpg


_IGP4623.jpg ここで少々問題が発生しました。元のスパイラルサドルの長さは20mmでチタン製サドルは19mmなので、サドル間に1mmの隙間が出来て、弦を強く弾くとサドルが動いてしまうのです。そこで対処策として部品箱から1mm厚のワッシャーを見つけ出して、一方のサドル側面に瞬間接着剤で貼付しました。


 これでサドルのズレは解消されたので、アンプからの出音をチェックしたら、想定通りのタイトな出音となっていました。E弦開放でも不要な低域は出ずにフレーズがくっきりとしてきて、高音弦の歯切れが増しているのも確認出来ました。Ken Smithのハーフラウンド弦の持つ良さをチタン製サドルが引き上げたという感じです。

 全体的には、普通のJBにラウンド弦を張ったようにギラつく事は無くて、しかもフラット弦を張ったようにモコる事も無いというとてもバランスの良い出音となりました。出音のどこかに強烈な個性が有る訳ではないのですが、それがベーシスト的にはとても扱い易く感じました。しばらくはこのセッティングで使ってみます。




_IGP4629.jpg 今回取替えしたサドルは6角レンチで上下調整するタイプだったので、そのレンチをブリッジプレートの立上り部にネオジウム磁石でくっつけています。気になった時にいつでも直ぐに弦高調整に取りかかれるのでとても便利です。同タイプのサドルをお使いの方はご参考に・・・。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

?さんはやはり、たけさんでしたか(笑)。
このショップで見つける以前にはホームセンターで探した事があったのですが、適当なサイズのものは見つからなかったです(汗)。
あっそうそう、先日ホームセンターで3mmφで1mm厚のネオジウム磁石を見つけました。出力が弱くて弦バランスの悪いポールピースに貼り付けると、出力がアップします。願わくは0.5mm厚のものがあればベストと思います。
No title
なるほど、こういうものだったんですか。
F-nieさんですから、ホームセンターと思いこんでおりました。
No title
?さん

このワッシャーは、実はロッドスペーサーといって、トラスロッドナットを締め込み過ぎてナットの頭がネックエンドから沈み込んだ時に使うものです。
1mm厚でFenderのトラスロッド用なので何枚か持っていると、とても重宝します、(今回の様な時にも・・・笑)
これはさすがにホームセンターには無いのですが、こちら(↓)で入手出来ます。

http://www.guitarworks.jp/item.php?lg=1079
No title
nyakkeeeさん

チタンサドルを処分してなくて良かったです(笑)。
やはりベースを構成している色んなパーツの組合せで、出音がコントロール出来るのが良~く分かりました。

サドルの材質だけとってみても、Fenderのスパイラルはスチールで、70年代の円筒形はステンレス、nyakkeeeさんもお使いのFreedomはブラスと様々ですので、追求すれば深いですね。

私も先日自分のFreedomのブラスサドルを5弦とか1弦だけをスチール製に取替えしてチェックしました。確かに音は変わるのですが、マッチする弦を探して張替をし始めたら、もう迷宮に入り込みそうになったので元に戻しました(笑)。
No title
ワッシャーですか!
なかなか思いつかない方法ですね♪
いつもながら感心しました!
No title
あ。チタンの落ち着き先が見つかってよかったですね!相性というか、そのパーツが活きる組み合わせってありますよね。ウチのFreedomもイイ感じです。しかし相変わらず芸が細かいですね...(笑)。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム