フレット付きとなって帰ってきたYAMAHA BB-Ltd.に色々な弦を張替えてみました。このBB-Ltd.はとても素直なボディ鳴りと、交換されているスタンダードともいえるSeymour DancunSJB-1 PUの出音により、このベースで良い結果が出れば他のベースでも使えるとの判断が出来ると考えたのでした。

DSCF0201.jpg





今回は4種類のベース弦を張替えてチェックしたのですが、レポートは音質的に“モコる”→“明るい”の順に2回に分けて行います。先ずは“死んだフラット弦”と評されるモコりの代表格から・・・。

弦1 先日レポしたghs Precision Flatwoundです。このベース弦の3~4弦にかけては本当にモコモコになってしまいます。ハイの倍音は無くなるのですが、“ブォーン”というローが轟き亘る末広がりの響きではなくて “ゴン”というサスティーンが少なくて締まったローなので、アンプからは音圧としてベースラインを感じる事が出来ます。けっしてオールジャンルに向くとは言えないのですが、PBに張ってR&B、Soul、Bluesで使ったらとてもマッチングすると思います。


 今回チェックした弦のケージは1~4弦が“045~095”のものです。4弦が105のラウンド弦で極ストレートにネック調整されていたBB-Ltd.に慎重にネックの状態をチェックしながら張替えをしたのですが、Precision Woundを張ってからは逆反りとなったのでトラスロッドを緩めました。テンション自体はラウンド弦よりも緩いのが分かったのですが、弦を弾く指が感じるテンション感は105のラウンド弦と同等でした。

 そしてサウンドハウスで1セット1,980円の売価はとてもリーズナブルと感じました。




 上記のghs Precision Woundが使える用途が絞られる弦だと判断した私は別なブランドのフラット弦を試そうとサイトでチェックしていたところ、この弦の微妙なケージが気になりました。

弦2 La BellaDeep Talkin'Bass Strings 760FLで、ゲージは1弦から“043、060、082、104”です。一般的と思われる“045、065、085、105”のケージも同シリーズにラインナップされてはいるのですが、このほんの少しの細さの意味するところは何?ということで入手してチェックしました。といっても105のケージは購入していないので比較は出来ないのですが・・・(汗)。


 BB-Ltd.に張ったところ実テンションと指触りで感じるところのテンション感共にラウンド弦の4弦105よりも強いと感じたのですが、決して弾き辛いと感じる程ではなくて、程好い手応えになりました。

 アンプからの出音は一言でいうと“明るいフラット弦”になります。1~4弦のどの弦も一般的にイメージするラウンド弦と比較すると明るく歯切れ良さが前に出てきます。4弦も沈み過ぎる事無くベースラインも聴き取り易いです。普通のフラット弦( D'Addario等)よりもフレーズをはっきりとさせたいときにはうってつけだと感じました。

 ただ、そのプレーンな弦表面が指にくっ付いてしまって、弾き辛く感じる事もありました。指が汗をかいて滑り易い時は良いのですが、エアコンが効いて乾燥しているスタジオ内ではフィンガーイーズ等の使用が必要かもしれません。弦を張り替え直後のインプレなので、しばらく使うと指の脂で馴染んでくるとは思うのですが。

 上述のghs Precision Woundと値段だけの比較はどうか?と思うのですが、私がDeep Talkin'Bass Strings 760FLを購入した価格は1セット5,280円です。よほど気に入って、気合を入れないと買えない値段ですね。




 次回はもう2種類の弦をチェックします。お盆休みはこれに終始しています(笑)。
スポンサーサイト
コメント
No title
卍くん

2年張ってたら元をとってますね(笑)。
そもそもこのラベラの弦を試したのは、これを張っている卍クンのJBを弾いて気に入ったからなのです。
その際は弦はつるつるで良く滑ったと記憶しているのですが、もう少し弾いていたら馴染むのかもしれません。
今はBelden8412のシールドを弦にして弾いているようにくっつきます(分かります・・・?)
No title
ラベラ派ですが寿命は長いよーに思います。
もう2年くらい張っていると思いますが、張った時から違和感無く使い続けています♪

しかし確かに指は滑りません。
この音の為に我慢してます…
たけさん

今回チェックした結果を元に他のベースにも張替を行おうと考えているので、価格も重要なチェックポイントになっています。
実は次にレポートする弦が気に入ったので、ラベラの購入はこれ限りかも知れません。

BB-Ltdの色は濃いグリーンに少しメタリックが入っていて、トップのクリアが焼け始めて黄ばんできてます。
派手さは無いですけど、深みのある良い色だと私も思っています。
No title
確かに消耗品としてはラベラは高いですね。
音質にそれほど差があれば良いのでしょうが。
このベースは色が良いですね~!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム