前々日、前日と西日本で一番高い気温となった私の住む街ですが、更にヒートアップするライブを19日(海の日)に行いました。

_IGP4255.jpg 私の参加する熱帯JAZZ楽団のコピーバンドの熱狂楽団 TAPASCON(タパスコン)が今年で3回目となる自主ライブを地元のホール グラントワのスタジオ1で行いました。いつもはダンス等の練習で使われているスタジオ1に雛壇を組んでステージとし、パイプ椅子を並べてライブを行うというのは3年前に私達がが編み出した方法で、ステージと客席がある専用ホールとは使用料が雲泥の差となり、お客さんに低料金で大勢聴きに来て頂きたいと願うアマミュージシャンにとって財布に優しいライブとなっています(笑)。PAも知合いのバンド友達に頼んで、機材持ち寄りで行っています。そんな私達の思いが通じてか、今年も百数十人の入場者で満席となったスタジオ1です。




ゆっきーくらぶ
_IGP4248.jpg


 昨年に続き、オープニングアクトはTAPASCONとは姉妹バンドのボサノヴァのゆっきーくらぶです。本当に見る度に味が深まっているバンドです。ステージの間中、耳に優しいボッサが流れて、お客さんも心地良さそうに波に揺られている様子でした。




熱狂楽団 TAPASCON
DSCF0041.jpg


 さて、お次のバンドは一瞬たりとも“まったり”とはさせてくれません(笑)。コショウと唐辛子を混ぜてニンニクの臭いを加えたかの様な陽気なラテンバンド 熱狂楽団TAPASCONのステージです。今年も新レパートリーを加えた10曲+αを演奏をしました。

DSCF0077.jpg 昨年に続いて横浜からお迎えした田村真寛クンのサックスから溢れ出すソロのメロディーにお客さんも酔われていました。


 このTAPASCONは演奏はもとよりMCとパフォーマンスにも力を入れており(演奏力不足をカパーする為・・・笑)、何をしてでもお客さんに「あー楽しかった」と感じていただきたいとの気持ちでこの日のステージを行いました。ステージ最初は大所帯バンドの大音量の迫力に戸惑いを感じておられたお客さんも徐々に体が動いてくるのがステージからでも感じられました。そして後半は“ダ~ンス・タ~イム”に突入です。

DSCF0084.jpg        DSCF0093.jpg


 ステージも客席も汗だくのダンスでこの日のライブは終了です。ここグラントワのスタジオ1は外気温とは別で、日本一の最高温度を記録したそうです(笑)。

 下はまだ汗だく前のステージ入り直前の熱狂楽団 TAPASCONのフルメンバー20名です。本当に仲が良く、陽気な“ラテン民族“です(笑)。

_IGP4267.jpg

スポンサーサイト
コメント
No title
田村くん

お疲れ様でした。
田村くんとは今回で2回目ということで、ゲストというよりも一人のメンバーとして同化していましたね(笑)。
この度の海の日ライブは最強の20人でやれた!と感じています。
ありがとうございました!
アドリブ中の写真、かっこよく撮れてるじゃないですか!
ふくにいさんはひそかに僕の中で、「こんなおじさんになりたい」という憧れのちょいワル親父です(笑)
本当に素敵な仲間たちに囲まれて幸せな時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!
No title
TAWARAくん

お疲れ様でした。
皆の力を結集して、熱いライブができました。

べーさんのHPでゆっきーくらぶの評価が高かったですよ。
http://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&topFlag=0&ocd=user&oid=5731238&eno=609

又、次回も一緒に頑張りましょう!
No title
F-nieさん、TAPASCONのみなさん、音響スタッフの方々、並びに観に来て頂いたお客さん

本当にありがとうございました。


去年,今年とオープニングアクトでゆっきーくらぶが参加させて頂いて本当に感謝・感激です。

参加メンバーが一丸となって機材搬入から舞台セット等、何から何までこなす....このライブ(すごいっ!!)

こんな素敵なラテンの宴に参加できてとても光栄でした。


F-nieさん、ライブ前日のスタジオも暑かったです(笑)が本番でのTAPASCONの演奏はそれよりも

もっと暑(熱)くて最高でした!!




No title
べーさん

今回も遠いところお越しいただき、ありがとうございました。
ラテンベースは奥が深くて、私もまだまだ修行の身です。
なにぶんメンバーが多くて、バンド維持はたいへんなのですが、来年もお聞かせ出来るように頑張ります!
No title
昨夜はお疲れ様でした!!

一年待った甲斐がありました。

ラテンのベースラインは聞いていて楽しいです。
これが弾ければさらに楽しいのでしょうが・・残念っ(笑)

MCに前座のゆっきーくらぶに楽しめることが多かったように思います。

また来年も足を運びたいです!!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム