ここ一年前からは立ち読み専門雑誌となっていたBass Magazineですが、8月号は久々に購入しました。下の62JBのバラバラ写真が掲載されていたからです。そろそろ最新号が発刊されるのでここに掲載しても問題は無いでしょうね?興味のある方は購入してご覧ください。

Bass Magazine 62JB


 もう見事なバラバラ写真ですね。よく見るとブリッジサドルも高さ調整ビスを抜いて、しかも穴がきっちりと天に向かっています。




 その写真を眺めながら、「あれ、この構図はどこかで見たような・・・?」。実は、私も以前同様に63PBをバラバラにした事があったのです。

dc021507.jpg


 写真のデータによると2005年に入手した63PBをメンテの為に分解した際に記録として写したものです。と言いますか、写真を撮るor撮らないに関わらず、古いベースを入手した際には殆どこの様にバラしてパーツをチェックしています。

 特にこの63PBは入手前に既にリフィニッシュされていたのですが、レアなブロンズのアッシュボディという事で、パーツチェックも慎重に行ったのを思い出します。

 この後にボディは再びリフィニッシュにショップに出して、もう少し気味が強くなった色合いで、かつ極薄の塗装仕上げにしてはいるのですが、現在あまり多く弾く機会がありません。3.6kgという激軽ボディの為か音も軽めで、今ひとつ押し出し感に欠けるのです。でもこの悩みは解消出来るかもしれません。先日エントリーしたghsのフラットワウンド弦(今回はミディアムケージ)を注文していて、届いたら張り替えようと思っているのです。結果が楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
No title
nyakkeeeさん

私の持っている個体の印象としては、ライトアッシュボディの出音は軽いですね。
太目の導管が乾き切って、スカスカになっているって感じてす。
60年代のブロンズ/アッシュが主流にならなくて少数なのもこの辺りが原因かと思います。
とはいえ、当時はフラット弦しかなかった訳ですから、今発注しているフラット弦(ミディアムゲージ)の装着が楽しみです。
No title
アッシュ/ブロンドはお目にかかってみたい1本ですねー。しかしそこまで軽量なのですか。おっしゃる音の傾向もなるほど、という感じです。バンドに混ざった時でも弱い?感じなんでしょうか。でもフラットは合いそうですね!
No title
たけさん

ウチの近所の本屋にはまだ在りましたが、近々最新号に入れ替わるはずです。お早めに・・・。

購入されたら、たけさんの“あれ”と見比べてください。
No title
おお、これは面白そうな記事ですね。
まだ売ってるでしょうか。
最近中々本屋に行けない境遇でチェックが甘くなってます。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム