ベース→アンプ“直”をモットーとしている私ですが、シチュエーションによっては“直”は厳しいなぁ~と感じる事がありました。現在MarkbassLMKをヘッドアンプにしているのですが、スタジオ内で大きいスピーカーキャビネットをドライブさせる場合はそうでもないのですが、お出掛けライブ等で小さな12インチ×1発のNYC121を使う際は、あまり音量を上げる事が出来ないケースが多くて、キャビからは“しょぼい”低音が聞こえるという事になります。

 その対処として、SansAmpべースドライバーDIを使ってもみたのですが、何かベールを被っている様なダイレクト感の無い出音に満足は出来ませんでした。そこで検討した結果、導入したのがこちらARTの真空管マイクプリアンプ Tube MP です。通常はレコーディングやPAでの卓への入力の際にヴォーカルマイクや楽器を通して“暖かさや生々しさ”を加味するのに使う機材です。

DSCF9944.jpg


 レコーディング用機材としてはAVALON U5を持っているのですが、それは決められたプリセットトーンとボリュームのコントロールしかなくて“暖かさや生々しさ”の“具合”は調整出来ません。そしてU5はヘッドアンプのLMKより躯体が大きくて、外来ノイズに弱いというのも持ち出しが億劫となる要因でした。

DSCF9947.jpg この度入手したTube MPはコンパクトなマルチエフェクト程度の大きさなので持ち運びは楽そうです。早速、ベースとアンプの間に繋いで試奏しました。コントロールはとてもシンプルで、ツマミは入力ゲインと出力ボリュームの2つ、その他の押しボタンスイッチは使っていません。この2つのツマミで真空管を通した出音を調整するのですが、とてもナチュラルな出音となります。


 左の入力ゲインツマミで真空管に送る信号の大きさを調整するのですが、最大に振ってもディストーションという程にはならずに、入力したベースの音質のままにラウンド弦のギラつきが抑えられて暖かさが増して、張りも出てくるって感じです。別な表現をすると、料理の味付けはそのままで食感(歯応え)を好みの柔らかさに調理可能なのです。

 そして当然入力ゲインツマミを右に振れば出音はUPするので、右の出力ボリュームツマミで最終音量を調整します。そうしてTube MPから出た音は、俗に “○○の音”とか言われる様にエフェクターに因って色付けされたものではなくて、ベース本来が持っている音のままなので、音質調整はアンプの側で決める事が出来ます。エフェクターで一旦変化した音色をベースアンプで調整するって難しいですから・・・。

 これなら使用するアンプ&キャビネットと演奏する環境、音楽性に合わせてかなり柔軟に対応出来ると感じました。そして本来の使い方であるライブ(そしてレコーディング)の際には、卓に“暖かさ”を加味したベース音を遅れるので、ベーアンとPAスピーカーからの出音の差を調整するのにも使えます。
スポンサーサイト
コメント
No title
Naoto T.Dさん

ドライブさせるとまではいかないのですが、“コクを出す”的には使えると思います。
隠し味として試してみてください。
なるほど、これこういう使い方もあったのですね!バー等で小音量で演奏する時に使えそうですね。試してみます
No title
Bi-Shopさん

元々がPA・レコーディング用にマイクを通すものなので、音が激変するエフェクターではないのですが、隠し味的に使えると思います。
お値段もそこそこですので、一度お試し下さい。
No title
あぁ…これは面白そうですねぇ。
soukichiさんの「ウィスキーを飲む時に…」の件がすごく分かりやすい例えでした。
魅かれます(爆)
No title
soukichiさん

そうだ、思い出しました!
このTube MPどこかで見た覚えがあったのですが、soukichiさんのエフェクトボードに有りましたね!
微妙なサジ加減で柔らかさをコントロール出来るので、気に入っています。

ノイズの件ですが、確かにあります。
ゲインを上げ過ぎると発生するノイズは別として、おそらくAC-ACアダプターに因るノイズが発生することがありました。
色々とチェックしたところ、アンプとアダプターを同じコンセントに挿すとブーンというノイズが発生しました。
又、私の場合はベース本体をアダプターに近付けても同様のノイズが発生しました。
対処として別コンセントからアダプター電源をとり、ベースをアダプターから離すようにしています。
No title
このTube MP、以前古いアコースティックギターに後付けのピエゾピックアップを載せてラインに送っていた時に、私も使ってました。確かに、不自然なギラつき感が抑えられてナチュラルな出音になっていたことを思い出します。
ウイスキーを飲むときに、水道の水を使うか、硬度の低いミネラルウォーターを使うか位の微妙な違いですけど、演奏してる側は全く気分が違いますね。
小さいし、値段もそうそう高くはないし、マニアックと言えばそうですが良い機材だと思います。
当時の私の物は、環境によって、少しノイズが乗ることがありましたが、いかがですか?
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム