久々のエントリーとなるのですが、少し細かいベースいじりを行いました。

_IGP3857AA.jpg あるベースの内蔵プリアンプの改造です。そのベースの出音は今ひとつヌケとレスポンスが悪く、右手の弾き方に追従してくれません。更に強く4弦を弾くと歪がちにもなります。これはおそらく内蔵プリの問題だろうと考え、そうなればICオペアンプが元凶だろうと推測して取り替える事にしました。


_IGP3861BA.jpg 取付けられいてるICオペアンプを品番で検索すると中国製のようでした。


_IGP3863BA.jpg ネットで様々な情報を入手して、こちらのショップからICオペアンプ、そして半田付けするついでにとコンデンサーも購入しました。ICオペアンプは内蔵プリでは定番のLF442CN、そしてコンデンサーはパッシブトーン用のコンデンサーでお馴染みのSprague製です。


_IGP3868BA.jpg パーツが小さいのと両面基盤という事で、パーツ交換に少々手間取ったのですが、無事、予定していた作業を終えました。


_IGP3873BA.jpg ICオペアンプは8ピンのソケットを介して基盤に取付けたので、今後のICオペアンプ交換を可能にしています。


 パーツ交換後のチェックでは一発で音が出て安心しました。そしてその出音は、もう文字通り“目から鱗”でした。これまで指先と弦の間になにかクッション材が挟まっていたような感触は払拭されて、とてもダイレクトでレンジの広い出音となりました。低音弦を思い切り強く弾いてもこれまでの様な歪は感じられません。もうメーカーさんにこの好結果を伝えたいくらいです。(なんてったってこれだけ効果があってもパーツ代金は数百円ですし・・・。)


_IGP3878.jpg 今回、内蔵プリアンプを改造したベースはこちらです。って、ウッドベースに内蔵プリ・・・?

スポンサーサイト
コメント
No title
ともさん

ともさんは海外にいらっしゃるのですか?ネットなので距離感は無いですね。
自分の気の趣くままに節操なく色んな事をやっていますので、今後ともよろしくお願いします。
No title
素早いお返事ありがとうございます!
しばらくどうするか考えてみますね。
F-nieさんが近所なら、お金をお支払いしてお頼みしていたと思いますが残念ながらここは日本の外(苦
いつかオペアンプ交換出来る日を夢見て、このサイトを指をくわえながら見つつもいつも使っているプリアンプでいろいろ音を試行錯誤しながら今んとこがんばります。
こんな為になるサイトはずっと続けてくださいね!

No title
ともさん

いらっしゃいませ。初めまして。
私のSWB-Masterは“シャー”というヒスノイズはあまり気にはなりません。
ただ、ピエゾPUにバランサーを振ると“ブーン”というハムノイズがします。
弦に手を触れると減少するのですが、これは別で持っているAria proⅡのSWB-Betaでも同じ状態ですので、ピエゾPUの特性かな?とも考えます。
SWB-Masterの内部配線をチェックするとシールド線ではなくて一般的なリード線が多用されているので、この辺りがノイズの要因となっているのかもしれません。
しかし、これを全部シールド線に換えて、プリアンプ部を電磁シールドするとなると大変な作業になってしまうので私はやっていません(汗)。

プリアンプのパーツ交換は少々手こずりました。基盤が両面プリントになっていて、表裏共にしっかりと半田付けの必要がありましたし、一番上の画像を見ていただいて左のソケットへの配線は外す事が出来ずに本体ボディに繋がったままでの作業となっています。
どなたか経験の有る方に依頼されるのが良いと思います。
又、コンデンサーはそのままでもオペアンプのみの交換でも結果は付いてくると思います。実際、コンデンサーの交換の方が数が多い為に時間が掛かっていますし。
羨ましいぃ~
こんにちは。初めまして。
私も同じメーカーのアップライトベースを持っていまして、
やっぱり買った時から音とサーっというノイズは気になっていました。保証期間中に修理にも出してみましたが、なぜよくならないのかよくわかりました。
このページ実は何度も見てまして、せめてオペアンプだけでも変えたくなってたまらない心境です。
初心者にはやはり難しいですよね?
F-nieさんのように器用ならいいんですけど。
はー、、、このページを見てはため息でます(笑


No title
madaさん

今回、ICオペアンプを交換してコンデンサー交換に取り掛かる前に出音をチェックしたら、既にかなり良くなっていました。
その後のコンデンサー交換の出音の変化はあまり感じなかったです。
パーツに拘りだすと限がなくなりそうなのですが、ICオペアンプはソケットで差し替えが出来るようにしているので、今後他のICを試すことになると思います。
それにしても何百円のパーツで出音がコロッと替わるので楽しいですね。
おお!!

オペアンプ交換ですか・・・
私もエフェクターやアンプの部品で
ギャレットさんはよく利用させていただいております。

C3のセラミックコンデンサをシルバーマイカの交換・・・
とかしたくなりませんか?(笑)
No title
たけさん

このウッド本体が中国製だったので想定はしていたのですが・・・。
いやいや中国製云々を言っているのではなくて、もっと特性の良いオペアンプなら良かったと思っているところです。
それにしてもオペアンプ交換での出音の変化は大きいです。
考えてみたら、PUは“目”や“耳”、内蔵プリアンプのオペアンプは“脳”か“心臓”に相当するので、出音が変わるのは当然ですね。


Bi-Shopさん

写真では分かり辛いのですが、基盤にポットが取り付いているので基盤自体は大きめですね。
今回くらいの大きさのパーツ交換だったらなんとか出来るのですが、これより細かなものになると無理ですね(汗)。
その意味でもやはりパッシブの回路が好きです!ポットとコンデンサーしかないですから(笑)。
No title
なるほど電装が意外と安いものを使用してたんですね。
ある程度の値段の物ならもう少し配慮があってもしかるべきですのにね。
勉強になります。
No title
そうですよね。
「あれ?けっこう大きいプリアンプだなぁ…」
なんて見てましたが(爆)
しかしF-nieさん、器用ですねぇ…
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム