FC2ブログ
 シングルコイルでムキ出しのポールピースを持つPU(殆どのFender)は、演奏中にPUのポールピースに指が触れると“ジー”というノイズがアンプから聞こえる事があります。大音量での際は結構ビックリする程のノイズとなります。これはPUのポールビースに、極薄の被覆のコイル線が直に巻いてある為に、指がポールピースに触れた際にホット線に触れたのと近い状況になる為です。このノイズ対策で、ポールピースをアースに落す処理を行いました。処理といってもとても簡単なものなので紹介します。

 この作業の前に必ずチェックしておく事があります。それはポールピースとコイル線の絶縁の状態です。コイル線の被覆が不良になってポールピースに直に接していると、そのポールピースをアースすると言う事はホットの信号をアースすると言う事になってPU全体から音が出なくなってしまいます。

 そこで画像は有りませんが、普通の状態でPUのポールピースひとつひとつに対してアース(JBの場合はコントロールプレート)との抵抗値をテスターで測定しました。正常な絶縁状態では抵抗値は∞(無限大)でテスターの針は振れません。絶縁不良の場合は導通があって針が振れるので、そのポールピースにはアース加工をしてはいけません。

_IGP3626.jpg ノイズ対策を行おうとしている私の61JBの絶縁は大丈夫だったので、作業に取り掛かりました。先ずはPU取付けネジを外してPUをひっくり返して裏面を掃除しました。ポールピースの裏側をアース化しようとしているので、ポールピースに付いているロウやラッカー(ニス?)も除去しました。


 以前、Freedomと、68Tele Bass用のDuncanのPUをノイズレス処理した際は裏面全体に導電塗料を塗ったのですが、貴重なオリジナルPUにはそれは出来ないので、以下の方法を考えました。

_IGP3650.jpg PU裏のポールピースに沿う様に、粘着テープ付きアルミを短冊状にカットしたものを貼ります。片方の端は黒のリード線が半田付けされているコールド端子に当てています。そして黒の米粒に見えている様に、導電塗料を各ポールピース、そして端子とアルミ間にまたがる様に塗布しました。この様に導電塗料の塗布を最小限に抑えておくとオリジナル状態への復帰も簡単です。


_IGP3636.jpg JBの2つのPU同士は逆磁性、逆巻きコイルになっていて、コールド端子の位置はフロント&リアで反対なので、この様になります。


 以上、手を加えたPUをキャビティに戻して弦を張り、ノイズをチェックしました。左手でネックを握り弦に触れると、ポールピースは弦から左手を通じてアースされるので、これまで気になっていたポールピースのタッチノイズは発生しなくなりました。アンプ側の電源をアースに落すと左手を離しても大丈夫なのですが、私のスタジオのコンセントはその仕様になっていないので、左手を離すとノイズが乗るのですが、演奏中は殆ど左手が弦に触れているので問題にはなりません。

DSCF9386.jpg これで、気になっていたノイズが改善されてますます弾き易くなった私の“本妻”61JBです。次回はPBにこの加工を施します。PBの場合は少し面倒くさくなるのですが・・・。
 
スポンサーサイト



コメント
No title
たけさん

最近はPBがマイブーム(←古っ・・・汗)なので、久々にJBを触りました。
たけさんのJBの調子は如何でしょうか?
徹底的にノイズレスにするのなら、キャビティ全体に導電塗料を塗ったり、PUコイルをシールディングすね方法もあるのですが、今回はポールピースへのタッチノイズだけに対応した処理だったので、簡単かつ確実です。
No title
nyakkeeeさん

私の持っているベースでハムノイズに悩んでいるものは無いのですが、今回の様なポールピースへのタッチノイズが気になるベースは何本かあります。
今回、もう一本PBにも処理をしておきましたが、その際、中を覗いてびっくりした事が有りました。
詳細は次回エントリーしますが、時々はお腹の中もチェックしておいた方が良いと思います。
No title
おー久々に登場ですね61JB♪
なるほどこういうノイズ処理の方法があるんですね!
No title
...からきし電気に弱いワタシのアタマの中がノイズまみれになっております。(爆汗) F-nieさんのようにシビアな現場で使うこともないのですが、概ね現在所有の楽器は幸いにもノイズが気になるものはありません。シェクター?JBがスタック・ハムPUのくせにちょっと気になるノイズが出ます。そういえば中を覗いたことがないので、ちょっと見てみたくなりました。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム