FC2ブログ
 明日、5月2日のThe All Your Love Blues Bandの“10th Anniversary Live”に出演するKamchatka Cherry Boysというバンドでトラでベースを弾く事になった私ですが、そのバンドはギタートリオでCREAMを演るのです。

DSCF9134.jpg そこでCREAMならこれでしょう!という事で、先日スタジオに久し振りにGibson EB-Ⅲを持ち込んで弾いてみました。このEB-Ⅲは入手後になかなか弾く事が無くて、というか弾くシチュエーションが無かったので、人前に持って出るのはこの度が初めてなのです。

 いやーしかしこのEB-Ⅲ、完全にFender Bassが染み込んだ私にとっては、弾き具合・出音等が思った様にならずに手こずっています。ショートスケールでしかも今回は半音下げチューニングの為に弦の張りはベロベロ。さらにネックから手を離すとヘッドがスーッと下がってきます。


 そして、見た目ではフロントのハンバッキングPUから極悪なローが轟きそうなのですが、弦がショートスケールと言うこともあってアンプからは極低域は出てきません。CREAMの過去のライブ音源を聴いても、確かにMarshalのアンプで歪まくってはいるのですが、極低域は無くて現在の5弦ベースや低域でシンセが鳴り響く音源などから比べるとスッキリとしています。ジンジャー・ベイカーのバスドラがあまり重たい音色で録れてないのも一因ですが・・・。

DSCF9135.jpg という訳で、やはり私も“歪物”を咬ましてローを膨らまそうと考えたのですが、手持ちのマルチエフェクター内蔵の“歪物”は今一・・・、そしてSansAmpべードラAmpegをシミュレートしているだけあってMarshalとはどこか違う・・・、という試奏結果でした。しかしこのライブの為だけに“歪物”を求めて泥沼化するのもどうかな?と考えて、今回はべードラで勝負!と言う事にしました。


 確かに扱いには苦労するEB-Ⅲなのですが(汗)、何が良いってそのルックスですよ(笑)。Fender Bassが道具って感じがするのに比べると、このEB-Ⅲはまさに武器(ウェポン)ですね!どれかのボタンを押すとヘッドから弾が出てきそうです(笑)。明日のライブにはこの武器を持ち込んで、ブリブリと弾いてやろうと目論んでいます。
スポンサーサイト



コメント
No title
たけさん

10代でやったCream Band以来のCreamでした(笑)。
楽しかったです。
三人寄れば出来ますので、たけさんも是非Creamを・・・。
No title
Bi-Shopさん

昨日のライブでEBを弾きましたが、レベル“5”が“10”にアップしましたよ(笑)。
ハイテンションになって強めに指弾きしたのですが、これがレベルアップの要因です。
エフェクターで歪ます以前に己の指で歪ます! これです。
ちまちまと弾いてエフェクターに頼った歪とは全く異なった気持ち良い出音で、お客さんからの反応も良かったです(笑)。

Bi-ShopさんはずっとThunderbirderでいて下さいね(笑)。
No title
F-nieさん、色んな方に影響を与えられておられますね~。
しかし、クリームは良いですよね♪
あークリームバンドしたい・・・
No title
EBが5"でFenderが20"ですかぁ…
FenderBirdでも作ろうかしら(爆)

後輩がFender JAZZ BASS American Deluxを買ったので弾かせてもらったのですが…
いかんいかん!浮気しそうになりました(爆)
こんな状態でヴィンテージなんか弾こうものなら……(汗)
No title
キトモトさん

いやー、とんでもない。
キシモトさんのお誘いが無かったら、EBはずっと日の目を見る事はなかったでしょうから(笑)。
そして、なんといってもジャック・ブルースを聞いてこの道に入った私ですので、明日は頑張ります!
No title
Bi-Shopさん

私からのアドバイスです。EBはお止めなさい(笑)。
正直、Thunderbirdが“レベル10”の弾き心地だったらEBは“レベル5”ですから・・・(汗)。
でもこれはEBを使いこなせないから出て来た言葉かもしれません。
いつかはジャック・ブルースのようにブリブリに歪ませたEBの音を出してみたいものです。

追記 : Fenderの弾き心地は“レベル20”です(笑)。
恐縮です。
明日は宜しくお願い致します。

半音下げ、ほんとにすみません。どうしてもあと半音声が届かなくて…

ともかく、明日は楽しんで演りたいです!頑張ります!
No title
あぁ…ここ最近EBが気になってあちこち徘徊しておりました……
今回もしっかりF-nieさんの後を追っているようです(笑)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム