21日の夜は地元の【マルフク】にて、“池田達也(bass)、榊原大(Key) with 竹本一匹(Perc)”のLiveを楽しみました。

20070624172726.jpg

 池田達也氏のCD《たつやせっしょん-其ノ壱》が大のお気に入りの私は、彼の真ん前に陣取ってそのプレイを堪能させていただきました。池田氏そしてピアニストの榊原氏のオリジナルに彼らならではのアレンジのコピー曲を加えての選曲でしたが、私としては《たつやせっしょん-其ノ壱》での池田氏のオリジナル曲を生で聞けて嬉しさ大でした。すごく良い曲を作られているのです。それにベーシストのソロCDというとベース弾きまくりの感があるのですが、《たつやせっしょん-其ノ壱》では、様々な楽曲の中でベストの立ち位置を見つけて、目立ち過ぎず、引き過ぎずの、まさにベースはこうあるべきだというお手本のようなプレイをされています。

20070624172144.jpg    20070624172158.jpg

 そんな池田氏のLiveでのプレイもCDと同様にセンスの良いものでした。ウッドとエレキを曲によって使い分けながらも、そのどちらからもウッディーなトーンを放っていました。彼の使用機材については明日レポートします。

20070624172212.jpg    20070624172229.jpg

 ステージングはMCの割合50%(!?)の楽しいもので、1部と2部の間にはなんと3人で寸劇を行うほどのエンターテイナーぶりでした。

20070624172332.jpg    20070624173301.jpg

 Live後にお話を聞いたところ、Jazzのプレイヤーの多くは眉間にシワを寄せて『オレのプレイを聞け!』と言わんばかりの方が多くて、そんなプレイヤーが出演している東京のジャズクラブはどこも経営が苦しいらしいとの事。又、最近人気が有るのは華の有る女性プレイヤーばかりという状況の中で、自分達が楽しんで演ってなきゃお客さんに喜んで頂けるはずがないと言う思いで、自然発生的にこの様なステージングになったとの事でした。いやー、池田氏のようなプレイヤーもステージングでは苦労されているんだ、と一瞬思いもしましたが、それにしてもMCの口調はかなりの芸人風(!?)でしたので、ナチュラルで楽しい方なのだろうな?とも思いました(笑)。

20070624172643.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム