このところ毎週のようにプロの方とセッション&ライブを楽しんでいる私ですが、昨日3月28日(日)の夜も地元のJazz Café【マルフク】で、今月3回目となるプロとのセッションを行いました。

DSCF8943a.jpg


DSCF8984a.jpg そのセッションのお相手とは・・・。こちら日本Jazzピアニストの最高峰!佐山雅弘さんです!この日、佐山さんはこちらのホールで行われたミニコンサートに出演されたのですが、【マルフク】のマスターから「夜は店に来るらしい」との情報を得ていた私は、本来の前日の土曜日のバンド練習を変更してこの日【マルフク】にThe All Your Love Blues Bandのメンバーをスタンバイさせていたのでした。網を張っていたとも言います・・・(笑)。


 実は佐山さんとは2年半前、こちらで催された“ど田舎Jazzフェスタ”の時にご一緒させていただいています。昨晩、佐山さんが【マルフク】に入店された時には丁度The All Your Love Blues Bandがシャッフルの曲をジャムっていたのですが、佐山さんはテーブル席でワインを一杯口にされるやいなや、直ぐにピアノ椅子に腰を掛けてコーラスの頭からAのコードをガーンと弾き始めました(笑)。さすが絶対音感の持ち主、などと感心する間も無くそのまま怒涛のピアノソロへ・・・。挨拶がてらの強烈なプレイでした。

DSCF8974a.jpg        DSCF8966a.jpg


 この後も(佐山さんがR&B好きな事を知っている)私が「次、この曲お願いします」とドンドン差し出した曲をたっぷりと弾いて頂きました。その盛り上がりぶりは写真でも伝わると思います。

DSCF8976a.jpg        DSCF8977a.jpg


 私みたいなシロートに毛が生えた様なプレーヤーが言うのはおこがましいのですが、先日ライブをご一緒したBluesmanの服田洋一郎さんの時と同じで、佐山さんのピアノに身を委ねたら何も考えずにベースが弾けてしまいます。これがあるからプロとのセッションは楽しいのです。佐山さんも昼間のソロコンサートとはうって変わってのリラックスされたプレイぶりで、上写真の様に私とアイコンタクトをする度に笑顔を返して頂きました。と言うかこの夜ずっと一番の笑顔だったのは誰あろう佐山さんでしたね(笑)。

DSCF8948a.jpg 今回は佐山さんとは2度目という事で、こちらも要領を得ていたのですが、いつも私がプロのプレーヤーにセッションをお願いする時にはこの様に言っています。「私はBlues Bandをやっているのですが、ご一緒に如何ですか?」と、ハッキリと自分の得意分野を伝えるのです。単に「セッションをお願いします」と言って、プロから「どんな曲をやるの?」と問われた時に遠慮して「何でも良いです」などと返事しては絶対にいけません。「何でも良い」という返事はプロからは「何でも出来る」と判断される訳ですから、難曲の演奏を求められたら大変な事になってしまいます(汗)。

 
DSCF8987.jpg 要するに“自分のフィールドで勝負する”と言う事です。そうしてこちらの側にプロに来ていただけたらその中でとことんやってしまえば良いのです(笑)。この夜の佐山さんはワインのお陰(?)もあって、ずっと笑顔でピアノを弾き続けられていました。そしていつしか日付も替わっていました・・・(笑)。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム