下の画像はヤフオクで、【ビンテージ? Fender フェンダー ブリッジ】と称して、昨日終了した商品です。商品説明には『73年フェンダージャズベースに付いていたブリッジの出品』と、ありました。
 ご覧の皆さんに【ビンテージ Fender フェンダー ブリッジ】だと思った方はいらっしゃらなかった様で、お一人だけが3,000円で入札して落札されていました。

 ここで、私なりに【ビンテージ Fender フェンダー ブリッジ】とは認められない点を挙げてみます。

abu2119-img450x600-11764645131.jpg    abu2119-img600x450-11764645243.jpg


  まずは、どなたもお気付きであろうサドルがスパイラル(ネジきり)である点です。スパイラルは69年頃までで70年頃には1本溝のものに変わっています。

  もしかして60年代のものと考えられないか?という点では、そのサドルを上下するビス頭をチェックすると、六角レンチの穴が見えます。60年代のものはマイナス頭のビスなのでこれも該当しません。

  そして、私はこれが国産のサドルだと断言します。そこまで分かるの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、分かるのです(キッパリ笑)。そのチェックポイントは「スパイラルのネジ山を数えるのです」。オリジナルのUSA製品はインチ規格でネジ切が施されて、国産はミリ規格なので、そのネジ山の数が異なります。
 上の画像のサドルのネジ山を目を凝らして数えると18~19のネジ山が数えられます。そして下は左が私の66PBの、右はeBayで入手した61年のPB or JBのブリッジの画像ですが、こちらのネジ山を数えると16~17となります。そうなのです、大まかに言うとインチ規格の方がネジ切がザックリと大きく、ミリ規格が細かいのです。そのつもりで見ると、オクターブ調整ビスのネジ山も(当然)そのようなネジ切具合の差が有るのが分かります。

2007_0412JB0051.jpg    273bridge1qn6.jpg
 

 この様に比較対照するものが有ると違いが良く分かります。上右の画像もそうですが、eBayの商品画像は画像数が多く、さらに画素数が多い繊細な画像も多いので、チェックする度に様々な画像をファイルして、この様なパーツの鑑定の際に利用しています。
スポンサーサイト
コメント
No title
ジェームスさん

いらっしゃいませ。コメント有難うございます。
そうですよね。スパイラルブリッジのネジ山を数える人ってあまりいないでしょうね(笑)。
自分としてもこうしてチェックして得た知識を次のパーツを入手する際の判定に利用しています。
又、ジェームスさんなりの情報がございましたら、いつでもコメント欄に投稿願います。
今後ともよろしくお願いします。
さすが
さすがにこんな細かなブログは他にはないですねー貴重に拝見させてもらってます。
ブリッジですが僕の方でも確認した所、下記のようでした。
62JB→16~17山
現行USA→18山(リプレイス用のFenderUSAスパイラルサドルブリッジです。弦高調整ネジはマイナスです。)
62JBの方はサドルの両端が斜めに面取り?してあり、その分の山が少なくなっている感じでした。
また上記の理由で62JBの方がビス穴も中心に寄っていましたよ!
新参者で恐縮ですが、僕の方でも情報を入手したらコメントで協力させて下さい。
こんな楽しいブログなんで是非末長く拝読させて下さい。

いえいえ、ヲタクなだけでして…(笑)
21日のブログにもそのヲタクぶりを投稿しました。
素晴らしい・・・
このブログ本にして出版してください・・・
こういう超テクニカルな情報って、こだわりのあるマイスターしか分からないんですよね!
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム