持運び用のベースアンプとしてMarkbassの製品を使っているのですが、この度新たにスピーカーキャビネットのNY121を入手しました。先日お伝えした様にヘッドアンプのLMKを気に入っていて、それ用のコンパクトなスピーカーとしてMinimarkのキャビのみを使っていたのですが、これは勿体無い話でアンプ付のMinimarkを処分したらもう一回り余裕のあるキャビが入手出来ると考えたのです。

DSCF8316.jpg


 入手したNY121は、店頭展示品(?)と思われる程にとても良い状態の中古品でした。品番のNYは大都会の地下鉄やタクシーを使って持運び可能の軽量なイメージを、そして121は12インチスピーカー1発を表しています。

 計算上はMinimarkの6インチ×2発の2倍のスピーカーコーン面積をNY121は持っているのですが、体感出来るローの出具合は2倍以上となっています。Minimarkはとても立ち上がりが良く、フレーズに切れ味がある出音で、低音域は「うーん頑張っているな~」という感じなのですが、NY121からはよりスムースに深い低音域が出力されます。かといって歯切れが悪い訳ではなくて、ローからハイまでバランスの良い出音と言えます。私が別に持っている15インチ2発のClassic 152は押出し感は充分なのですが、歯切れの部分はやはりツィーターに頼らざるを得ません。 全ての音域がバランスの良く出るのは12インチのスピーカーだなと実感しました。

DSCF8325.jpg このNY121はツィーターのレベルコントローラーが、キャビネット裏ではなくて正面に向かって左側面に取り付けられています。これってとても操作性と視認性が良いです。キャビネット裏だったら、手を裏に回して手探りで操作する事になりますし、ツィーターのレベルを目視するには頭をキャビ裏に突っ込む必要があります。


DSCF8319.jpg 写真は来月13日と14日が本番のミュージカル“あかとんぼ”の練習の際のものですが、持ち込んだ2本のベースでFreedomの5弦はもちろんだったのですが、GodinのエレアコベースA4NY121とのマッチングがとても良いと感じました。NY121から出力されるA4のナイロン弦の乾いた音はとてもウッディなもので、アコベの代役を充分に果してくれそうに感じました。ベースに隠れている(?)のは、体はちっちゃいけどやる気はでっかい(笑)アルトサックスのこめちゃんです。


 最後にNY121の可搬性の良さも述べておく必要があります。13.3kgの重量は片手で抱えられるので、ハンドルはキャビ上面に1ケしかありません。肩にベースを担いで、片手でアンプヘッド、もう一方の手でキャビを持って一度に運ぶことが出来ます。
スポンサーサイト
コメント
No title
べーさん

見た目にも良い感じで収まっているでしょ(笑)。
これでLMKの機能性の高さを出音でもフルに楽しむ事が出来そうです。


Bi-Shopさん

卍クンのコメントに返しましたが、NY121の出物は殆ど無いので、見つけて即注文でした。
ネットにも2、3日しか出ていなかったです。
と言うか、私の行動読まれていますね(笑)。


卍くん

12インチのアンプ内蔵コンボは時々出るのですが、NY121は中古で殆ど出ないですから・・・。
で、似たようなのって何・・・?


こめちゃん

練習、お疲れです。
電子楽器など触った事の無いこめちゃんにとって、ウインドシンセは難しいよね・・・(汗)。
アドバイスが出来れば良いのですが・・・、今度説明書を見せて下さい (汗×汗)。
そしてあと半月で本番です。お互いに頑張りましょう!
おっ、違和感がなく良さそうですね。

サイズもベストマッチだし、サウンドも安心感がありそうですし。

それにしても、13キロ弱・・

羨ましい~
No title
これ実は狙ってました。
でも「F-nieさん買うんじゃないかな?」と思ってレポ待ってました(爆)

>>manmanjieさん
その節はお世話になりました

>でも似たよーなのを安めに手に入れてますよ♪
気になります~
何買われたのでしょう?
No title
121狙ってましたが、なかなか安くて出て来ないので…

でも似たよーなのを安めに手に入れてますよ♪
No title
ちっちゃいけどやる気はでっかいこめちゃんです☆
タパスコン以来でフクニイしゃんのブログに登場ですね!
あかとんぼも本番間近。なんとかウィンドシンセの達人になれるよう、がんばっていきます!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム