FC2ブログ
 WilkinsonのブリッジをPBに装着してオクターブ・ピッチを調整しようとしたのですが、調整ビスをいっぱいに伸ばしても1~3弦のサドルはまだピックアップ側に動かす必要がありました。調整ビスが短いのが原因ですが、さらに1弦用のサドルはブリッジのピックアップ側の取付けビス穴に落ち込んでしまいます。

 そこでサドルを外して、ブリッジ・プレートに新たなネジ穴を5ヶ所エンドピン側に開けて、ブリッジ全体をピックアップ側に1cm移動して正しいオクターブ・ピッチを得る事が出来ました。(昨日のブリッジの画像は移動後のものです。)

2007_061772PB0062.jpg  2007_061772PB0067.jpg


2007_061772PB0059.jpg  2007_061772PB0084.jpg


 これで、弦のセッティングが完了して、いざアンプに接続して音出しですが、あらら・・・又もや問題発生・・・続く・・・。
スポンサーサイト



コメント
今のところ、オリジナル状態に手を掛けたのはナットの交換のみなので、ボディに穴は開けられないですよね。
私はベースいじりをしている時が一番脳が活性化されます。(ベースを弾いている時じゃ無くて…汗)

昨日の池田達也は良かったね♪
ワシだったらここで諦めるか、ボディに穴を開けるか…
「アハ」効果で脳が活性化されます♪
ご心配ありがとうございます
pechokoriさんのご心配通りの状況となり、もちろんそれを克服しました(笑)。かなりの荒業で・・・。
後ほどの投稿にて報告します。
心配なことが
いくつかあるのですが、
ピックアップは4弦用なんですよね?
ズレが生じると思うんですけど、音のほうはどんな感じになるんでしょう?
それから、5弦になるとその分張力も増しますので、ネックの強度はどうなんでしょう?
F-nieさんがどうそれを克服してしまうかを楽しみにしております(^^♪
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム