MarkbassLMKを手に入れて使い始めたのですが気になる点がありました。冷却ファンが回っているのにどうも風量が弱いのです。その内に回らなくなってしまいました。その時は気温が低くてアンプが温もらなくてサーモスイッチがオンにならないからだろうと考えたのですが、パワーアンプ部が同じLittle Mark Ⅱを持っていた時には常時冷却ファンは回っていたはずです・・・(汗)。

_IGP2109.jpg


 上面パネルを外してチェックしたら、指でファンを回るきっかけを与えてやったら、辛うじて回り始める状態でした。これでは長時間に亘るライブや練習の時にオーバーヒートの不安が有るので、冷却ファンを交換しようとメーカーに連絡をとってみました。

 ここで気になったのは、昨年の春に正規輸入販売代理店が、これまでの荒井貿易からパール楽器に変わっている事です。私の持っているLMKは数年前に販売されたもので、当時の代理店である荒井貿易の扱いとなるので、どうかな?と思いながら問合せを今の代理店のパール楽器に行ないました。

_IGP2087.jpg サービス部門の担当者からの返事は、「はい、以前の代理店経由の物も修理は承っていて、Markbassから交換部品も入荷しています。」との事でした。私は既にアンプのパネルを外して、冷却ファンのみが故障したのが分かっていたので、パーツとして冷却ファンを求めたかったのですが、「この件に関しては、未だパーツ単体の販売を行なった事が無いので、値段が即答出来ません。」との返事だったのですが、翌日には「パーツ単体の販売は楽器店経由で可能です。」との連絡があって、問合せから5日後には冷却ファンを入手する事が出来ました。


 さすが正規代理店ですね。スムーズにパーツが入手出来ました。平行輸入物ではこうは行かないと思うのですが、今回のパール楽器のサービス部とのやり取りの中では、以前の荒井貿易の保証書等の掲示は一切求められなかったので、平行物でもパーツの入手は可能かと思います。

 ちなみにLMKの入力ゲインのポットにガリが発生していたので、ポット単体は販売しているのか?という問合せには、「交換用のコントロール基板しかメーカーから送られていないので、ポットのみの販売はしていません。」との返事でした。以前、Aguilarのアンプのポットを代理店に注文した事があったのですが、その時はポットのみ米国から送ってもらいました。そのAguilarのアンプのコントロール部は基板ではなくて、手配線だったのでパーツの別売りとなっていたのだろうなと、今回のMarkbassのパーツをオーダーしてその違いが分かりました。

 そして今回は冷却ファンの代金2,310円(送料共)のみでしたが、これをパール楽器に持ち込んで修理してもらうとなると、いくら正規代理店といえども送料・工賃を含めると結構な修理代となったでしょうね(汗)。

 実は私の入手したLMKは最近メーカーでの製造が中止されたのですが、今回のやりとりでパーツは今後も入手可能と分かり安心しています。



_IGP2105.jpg こちらは先日の記事で説明したフロントパネルにあるチャンネル切替スイッチです。レバーは爪楊枝程の細さで、突起も2mm程しかないので、とてもではないですがこのレバーで曲中等に頻繁に切替することは難しいので、そういった使い方をするにはフットスイッチは必需ですね。

 更に説明すると、チャンネル1のみに1本のベースを挿して、チャンネルを切替すると1ch、1ch+2ch mix、2chと3通りのセッティングが使えます。ソロの際に音量・音質を変える使い方も出来る訳です。便利な機能ですね。
スポンサーサイト
コメント
No title
HALさん、はじめまして。

プツッと異音が消えた後にはファンは回っていますか?
Markbassに限らず、モーター駆動の冷却ファンはいつかは寿命があると思います。
私のAmpegなんか、スイッチを入れたら、最初はシュワ~シュワ~と回りはじめて、その内にシャーと回ります。その頃には爆音を出しているので気にならなくなりますが・・・(笑)。
それと私は冷却ファンに付いたホコリを時々掃除して取り除いています。
扇風機と同じで、それほどホコリっぽくない環境で使っていても、いつか白いホコリが付いて風切音が出てきますから・・・。
HALさんのF1もファンの動作が不安定だったら迷わず交換された方が良いかと思います。
パーツだけ入手されたら、ファン交換は簡単です。
天蓋を外して→ファンを交換して→電源端子を差し換えて→配線をタイラップで縛るだけです。
No title
はじめまして。
私はF1を使っていますが、
使用から2年程でファンから異音が鳴り始めました。
電源を入れて5分ほどは「ブーン」と唸り、
突然プツッと異音が消えます。
No title
たけさん

たけさんの問合せの機種を試した事が無いのでイメージでの返答になりますが・・・(汗)。

New York 604は実は私も狙っておりました。持っているMinimarkの丁度2倍にあたるので、立上りが早くてタイトな低音が出せるのは間違いないと思います。ただ少々値が張るので、私が今回新たに入手したキャビはNew York 121になります。近々音出しして報告します。

F1とF500はプリ部の違いなのですが、私個人的にはEQでの徹底的な作り込みは不要なタイプですので(笑)、LMK同様の4EQのF1で充分かと思います。

Little Mark Tube 800ですが、tubeプリがどんな風に味を加えているのかとても気になります。ただパワー的にはコンパクトなキャビを使われるのならばLittle Mark Tubeの方が使い勝手が良いと思います。私が使っている8Ωで500WのLMKでも入力ゲインを11時にしたらマスターは7~8時でのほんの少しのツマミの変化で音量がかなり変化するので、ツマミの微調整を行う必要があるのですが、ツマミが小さい為になかなか大変です。これが800Wならばますます調整し辛くなると思います。Little Mark Tubeの500Wでもパワー感は充分以上ですよ。
No title
どうもです!いつもありがとうございます♪
軽量セットとして、Markbass NY604とF1かF500買おうかと思うんですが、Littlemark tube800も気になります。
是非、ご意見をお伺いしたいのですが。
No title
T'sさん

T'sさんもLMKオーナーでしたね(笑)。
ファンはモーター駆動なので、どうしても長年使うとヘタってくるのかな?と思います。
ちなみにファンは中国製でした。

ポットのチェック、よろしくお願いします。2ch共ガリガリとうるさいもので・・・(汗)。
私もチェックしようと思って、フロントパネルに沢山あるツマミを外しかけたのですが、これがなかなか手強くて・・・(汗)。
ツマミに傷つかないようにゴムかなんかを当てがってからプライヤーで外さないと無理のようで、途中で断念しました(泣)。
ポットは隙間が無いタイプなので、接点復活剤の注入は無理のようですから、交換するしかないと思います。
私のLMKも
私のLMKはまだ ファン大丈夫ですが
アキレス腱なんでしょうか?
あと 純正のファンは若干うるさい
(標準品では 普通な音量ですが)
静音で 効率に良い物が無いか
探してみます  でも 送料こみで
あのお値段は、パーツ代だけで
儲けは入ってないですね。。。
ポットも代替交換品が無いか
中身 見てみますよ~♪
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム