昨晩(6日)は地元のJazz Café【マルフク】に福岡からピアニスト工藤(どうく)隆さんが来られてセッションを楽しみました。

DSCF8265.jpg どうくさんは福岡では若手No.1のジャズピアニストとして活躍されているのですが、今回こちらにプライベートで来られた目的は「私のバンドThe All Your Love Blues Bandとブルースをやりたい!」との事でした。


 その有り難い申し出に急遽バンドメンバーに召集を掛けたのですが、この日参加出来たのは私とギターのまっちゃん、そしてトロンボーンのよつこ(男)の3人・・・(汗)。他のパートはどうくさんファンの地元のアマミュージシャンが務めてくれて、なんとかセッションが成立致しました。

DSCF8256.jpg


 とは言うものの、実際にセッションが始まったらこのくらいの人数の方が楽しめますね(笑)。どうくさんの生ピアノを掻き消さない程度の音量で、かつメンバーの息を感じながらのプレイは日頃の大所帯のR&Bバンドとは一味違って、スリリングで心地良いものでした。

 私とのセッションの後は他の地元メンバーとのセッションも行われて、ブルース・R&B・ジャズ・どうくさんのソロピアノとテンコ盛りの内容のセッションは日付が変わるまで行なわれました(笑)。

DSCF8271.jpg        DSCF8282.jpg


 どうくさん、今回はプライベートながら遠方まで足をお運びいただいて有難うございました。こちらにもどうくさんとのセッションを本当に楽しみにしているアマミュージシャンが大勢います。今後もどうくさんとのセッションを通じて各自のスキルアップを図りたいと思います。又のお越しをお待ちしています。

 この日のどうくさんのブログはこちらです。   
スポンサーサイト
コメント
No title
まっちゃん

急な誘いでも参加してくれてありがとうね。
自惚れて言う訳では無いのですが、やっぱり先日のどうくさんと絡んだ中では、ウチのバンドが一番どうくさんをグッと取り込んでいたと手応えを感じました。
良いメンバーと一緒にやれて幸せです。次回もどうくさんとのセッションを受けて立ちましょう!(笑)。


卍くん

やはり弾き手が変わると、出音も変わります。でも振動系の違いは感じてくれたみたいですね。
まあ、61JBは私の本妻ですので、その鳴らし方は私が一番良く分かっているのですが・・・(笑)。
セッション
楽しかったですね。
熱くなっていきなりフルスロットでしたね。
Yumedono-Bandでもプレイしていただき感激でした。
またお誘い下さいネ!
No title
f-nieさんのメインベースお借りしましたv-10
が、使いこなせませんでした…v-12
ワシには音が太いですv-91

あれが[太字]「鳴る」[/太字]っちゅー感じでしょうか!?
「暴れる」とも違う振動♪
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム