JR徳山駅前の並木通りはクリスマスのイルミネーションに彩られています。

_IGP2119.jpg        _IGP2125.jpg
 

 ここ山口県周南市にある【Boogie House】で12月26日にも催された“BLUES FESTIVAL 冬の陣”に出掛けて来ました。この日は私のThe All Your Love Blues Bandで出演予定だったのですが、当日の朝にドラマーのクラッシャーU-zoくんが風邪で高熱となり、バンドの参加は出来なくなったのでした(泣)。U-zoくんはインフルエンザではなかったと言うことで、早目の回復を祈っています。


無頼漢
_IGP2140.jpg


 地元周南市の若手無頼漢です。16ビートの切れの良いカッティングギターでノリの良いブルースを聞かせてくれました。ただ、ベーシスト君が酔っ払っていてプレイがヨレていたのが残念でした。


Flat Boogie Band
_IGP2153.jpg


 前の週に岩国で一緒だったFlat Boogie Bandです。その時は私達の到着が遅れて聞けなかったのですが、今回は間に合いました(笑)。クリさんの深~いボーカルとヨッシーのほんわかとしたボーカルとの対比で、一バンドで二粒美味しいFlat Boogie Bandでした。


Blues Workshop
_IGP2183.jpg


 こちらも岩国で一緒だったBlues Workshopです。チンタさんも体調が回復したようで、いつもの下ネタ含みのMCも飛び出していて安心しました。私達のバンドが出演出来なかった“穴”を埋めるべく急遽曲を増やして対応して頂いて、ありがとうございました。

 Blues Workshopのこの日の日記はこちらです。一番下の画像もこちらから頂戴しました。


Seiji & Boogie's Blues Project
_IGP2196.jpg


 最後のステージは、ここ【Boogie House】の森永セイジマスターのバンドSeiji & Boogie's Blues Projectです。【Boogie House】は“西日本のBluesの聖地”として知られている店で、マスターの森永セイジさんはBlues好きからは“兄貴”と慕われています。あの山崎まさよしもこの店から巣立っています。

_IGP2200.jpg そんな森永さんのギターとボーカルは圧巻の一言です。曲が進むにつれてギターのボリュームが大きくなり、音量バランス的には崩れてくる筈なのですが、森永さんのギターはそんな事お構い無しの存在感でバンドをグイグイ引っ張って行きます。今年の最後に森永さんのギターが聴けて、この日のお客さんは全員満足だったに違いありません。


 最後の曲の途中では、私とウチのバンドのギタリストのまっちゃんにベースとギターがポンッと渡されて、セッションターイム!です(笑)。

31009738_org.jpg


 この日はThe All Your Love Blues Bandとしては演奏出来なかったのですが、2009年の〆として先日の岩国【TIME】を含めて2週連続のBlues Liveを堪能できました。2月には元リーダーのMune-Gの死去という波乱の幕開けとなった本年ですが、このようにお誘いしていただけるライブハウスやお付き合いをしていただけるバンド仲間に支えられながら、なんとか一年の活動を終えることが出来たThe All Your Love Blues Bandです。現在、メンバーの増強や新曲の練習中で、来年は新たな気持ちで更なる精力的な活動を行なっていく予定です。ご期待下さい。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

多くの音楽仲間に支えられて、一年間続けて来れたのだと実感しています。
バンドを継続して行くって、ホントに苦労する面も有るのですが、それを上回るバンドでの演奏の楽しさが有ります。
たけさんも来年はハンド活動が再開出来るようにお祈りしています。
そうそう、例のベース、来年には見せてくださいね(お願い)。
No title
大変な1年であったことと、お察し申します。
今年一年F-NIEさん、本当にお疲れさまでした。
私も、来年はなんとか久々にレギュラーバンド参加を目指したいものです。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム