_IGP2011.jpg 私の住んでいる街から県外のお出掛けLiveに際には、どこに行くにしても必ず中国山脈を越えて行かなければならないのですが、この時期は山間部の雪という心配事が発生してきます。19日(土)も山越えしたのですが、凍結した道は数キロ程で、なんとか無事に岩国のライブハウス【TIME】に到着したThe All Your Love Blues Bandのメンバーでした。


 とはいえ、いつもよりも30分程時間が多く掛ってしまい、【TIME】では既に何バンドかのステージが終わっていて、私が観る事が出来たのは2バンドとなりました。 


The Stompers
_IGP2006.jpg


 宇部市のBlues BandのThe Stompersです。実は私のThe All Your Love Blues BandThe Stompersからのお誘いで2000年に宇部で初お出掛けライブハウスデビューをしたのでした。長年付き合いの有るバンドと年の終わりにライブが出来るって、嬉しいことです。来年も更に交流を深めようと約束いたしました。


Blues Workshop
_IGP2012.jpg


 地元、岩国市のBlues Workshopのベースのチンタさんは体調不良の様子でしたが、ベースに歌にMCにと頑張りをみせてくれました。このバンドとも長い付き合いになるのですが、今週末26日(土)には同じく山口県内の周南市【Boogie House】でのライブで一緒になるので、年末の挨拶はその時に・・・(笑)。

 Blues Workshopのこの日の日記はこちらです。


The All Your Love Blues Band
_IGP2021.jpg


 コーラス隊のMoria-Girlsを増強して4人組にして、フロントにずらっと並べたフォーメーションとなったThe All Your Love Blues Bandです。ここ【TIME】のマスターはオールディーズ好きなので、ロックンロールをこの日のレパートリーに組み込みました。Moria-Girlsのコーラス&ダンシングで華やかさ倍増です(笑)。

_IGP2026.jpg        _IGP2027.jpg


_IGP2020.jpg 【TIME】の箱アンプは古いYAMAHAの15”×2発キャビで、これまでここに持っていったベースは殆どモーモー言うだけだったのですが(泣)、この日使ったFreedomはハイの成分もそして図太いローの成分も美味くミックスされた出音で、ここ【TIME】で初めて気持ち良くベースの出音を楽しめました(笑)。次週【Boogie House】のキャビもMesa Boogie 15”×2発なので出音は大丈夫と思われます。




_IGP2043.jpg


_IGP2041.jpg 最後には【TIME】のマスターに“Johnny B Goode”を熱唱していただいて、この日のBlues Nightは〆となりました。




 今年2月に他界したThe All Your Love Blues Bandの前リーダーMune-Gが最後に出掛けた県外のライブハウスが、ここTIME】でした。Mune-Gの姿は見えませんが、Mune-Gの魂と共にThe All Your Love Blues Bandの名前で今後もライブ活動を行なっていく事を帰りの道すがら、氷点下の星空の下で心に誓った私です。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

Freedomのベースは少々へたったアンプでも良い具合に音が出てくれました。

ジャズのセッションですか。私も地元でのセッションに以前は顔を出していたのですが、身内ばかりで緊張感に欠けるので、最近はちょっと・・・って感じです。セッションと言えどもお客さんに聞かせるものですから、ある程度の緊張感って大切だと思います。

記事にしたお出掛けライブはセッションではないのですが、遠くに出かけて知らないお客さんの前でステージをするって、緊張しつつもとても楽しくてやりがいがあります。その楽しさの為には、道中の雪道などは問題外ですね(笑)。
No title
べーさん

雪道はある程度慣れていますので、カウンターを当てながら峠を下りました(笑)。
これから数ヶ月は、お出掛けライブの度に道路情報をチェックする必要があります。
以前、帰りに猛吹雪に見舞われて、いつもは2時間の道中が4時間掛かった事もありましたから・・・(汗)。
No title
おお、FREEDOM大活躍ですね!
私も、今日は久しぶりにジャズのセッションに行ってきましたが、久しぶりなので緊張しました・・・
場馴れが必要ですね♪
あの雪の日に山越えをされたんですか

流石というか、ビビリの自分には到底できないです・・
今からの季節、凍結には気を付けないといけなくなりますね

嫌な季節です
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム