YAMAHABB-Ltdの4弦フレットレスをラテンバンドで使用して、上手くバンドサウンドに馴染んでいる状況ですが、もう一ひねりしました。

 これまでBB-Ltdの5弦フレットレスに取付けていたBass Muteを4弦の方に移設してみたのです。

DSCF7787.jpg ノンミュートだと少々音が広がり過ぎる感があったので、これまではブリッジ前にスポンジを詰めて対応していたのですが、せっかくBass Muteを持っているのだから4弦でも試してみる価値はあると考えたのでした。


 このBass Muteは入手時には6弦用の物だったのですが、1弦分程カットして5弦用としていた物です。今回はいきなり4弦用にカットするのではなくて、先ずはミュートの駒を一個取外してチェックする事にしました。

DSCF7790.jpg 一度5弦に取付けした際に学習しているので、今回の取付けはスムーズに行なえました。ミュート駒が一つ無いので、間延びしたルックスになっていますが(笑)、それはさておき早速ミュート具合をチェックしました。


 やはり2フィンガー弾きの際に、弦を押込んだ方向でミュートするこのシステムは理に叶っており、効果も大です。立ち上がりのコンプ感と、切れの減衰具合が気持ち良いです!そしてそのミュート具合を各弦で微調整出来るのと、曲中でのミュートのオン・オフが瞬時に可能なところが、スポンジミュートとの大きな相違点であり、メリットです。

 出来れば手持ちのビンテージ以外のベース全部にBass Muteを取付けしたいところですが、このBass Muteは既に国内では入手不可能なのが残念なところです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム