FC2ブログ
 以前の投稿以来、アンプ・ヘッドの上に置いて鳴らしていたツィーターですが、昨日の日曜日にAmpeg SVT-810AVスピーカー・キャビネット内に取付けしました。

20070611202748.jpg 先ずはスピーカー上のアンプを降ろさなくてはならないのですが、このAmpeg SVT-VRは37kgもあって上げ下ろしにはかなりてこずるのです。今回はビール箱で階段を作って、なんとか一人でアンプを下ろしました。
 

 そして次はスピーカー・キャビネットの前面パネルを外すのですが、これもなかなか難しいのです。マジックテープで取り付けられているのですが、かなり固く取り付けられていて、しかも前面パネルの外周はキャビネットより一段沈んだ位置にあるので、マイナス・ドライバーでこじ開けようとするとキャビネットに傷が付いてしまいます。

20070611202828.jpg    20070611202843.jpg

 そこで考えたのがこの方法です。キャビネット左上にあるブランドのパネルを取付けているビスを緩めて、梱包用のテープを巻いて仮の取っ手を作って再びビスを締め付けます。その取っ手に手を掛けて引張ると、簡単に前面パネルが外れました。


20070611202903.jpg 上半分の4個のスピーカーの中心にツィーターを取付けることにして・・・、
 

20070611202805.jpg 位置出しを行って、自在キリで穴を開けます。スピーカー取付板は15mmの厚さだったので時間を掛けて作業を行いました。
 

20070611202925.jpg このキャビネットはスピーカー2個ずつが4個の密閉式キャビネットに仕切られている構造で、この度開口した箇所にはその仕切り板が当っているので、仕切り板もツィーターが取付けられるようにカットしています。この加工はジグソーとドリルで行いました。
 

20070611202944.jpg ツィーターを取付けました。アッテネーターにはツィーターのレベル調整とヒューズ代わりの電球が付いているので、メンテナンスで手の届く位置に設置する必要があります。そこで、キャビネット裏面の入力端子パネルの開口部の近くに設置しました。画像で白く見えているのが、入力端子パネルの開口部です。
 

20070611203153.jpg スピーカーを全て取付けしました。最初からツィーターがそこに有ったかのような自然な収まり具合です。


20070611203208.jpg 前面パネルを取付けて作業は完了です。ツィーターは見えなくなってしまいました。この様に一見何も変わりないのだけど、実は中身は一癖あるのです的な(笑)改造が好きな私です。
 
 アンプの電源を入れて、出音のチェックを行いました。これまでアンプの上でツィーターを鳴らしていたのとは、当然ですが、違和感無く耳に高音が入ってきます。それまでの使い方と同じくツィーターのレベルは2段階調整の弱の状態で使いましたが、それでもかなり高音成分がUPしています。今回の試奏はアンプのトレブルを押さえ気味にしましたが、今後も気になるようだったら、ツィーターのホーン部に何か詰め物をして調整するかもしれません。

 元々このAmpegの8発は密閉式キャビのコンプレッションの効いた、鼻を摘まんだようなイナタイ系の音が特徴なのですが、今回ツィーターを内蔵することによって、イナタさはそのままに、その上に鼻水の通った(?)抜けの良さが加味されました。Ampeg SVT-AVヘッドにはUltra Highという超高域をブーストするスイッチがあり、又当然トレブル・コントロールもあるのですが、これらアンプ内で作られる高音域と、ツィーターを取付けてスピーカーからナチュラルに再生される高音域とは、“艶”の部分でツィーターが勝っています。Ampegの8発のイナタさが気になる方にはお奨めの改造です。

 今回の改造は、クンからツィーターを5,000円で譲っていただいた他には費用が掛かっていません。自在キリやジグソー等の工具は知合いの木工所からお借りしました。5,000円でウン万円分の効果は出ていますね(笑)。
スポンサーサイト



コメント
Bi-Shopさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
SVT-AV&SVT-810AVをお使いですか。実はSVT-VRを入手した今も、SVT-AVもしくはSVT-CLが気になっている私です。これらの方がVRより音の調整幅が広いと感じていますので・・・。

私もキャビの外し方を2ヶ月は考えましたから・・・(笑)。

今はツィーターを鳴らして、トレブルを下げるのがお気に入りの使い方です。

私はツィーターを5/25のブログに記した様に、知り合いに譲っていただいたのでラッキーでしたが、通常は入手し辛いと思います。神田商会でオーダー出来れば良いのですが、故障したとかの理由が無いと難しいのではないでしょうか。

又、コメントをお寄せ下さい。
初めまして。
Bi-Shopと申します。
いつも楽しく読ませていただいてます。
僕もSVT-AV&SVT-810AVの組み合わせで使っています。
ずっと「どうやってキャビ外すんだろ?」と思ってました。
マイナスドライバー突っ込んだりしてましたがやっと外し方がわかりました(多謝)
ツィーターも良さそうですね。
このツィーターはどこかでキットかなにかで入手できるのでしょうか?
卍クン
いや、本職じゃないですけど…(汗)
今度、卍クンのヴィンテージV-4Bを試奏しに伺います。

南方さん
Good job でしょう?今度は南方さんのオーディオに穴を開けてツィーターを取り付けましょうか?(笑)
この分厚い板を…
木工技術はピカイチですねv-20
さすが本職v-91

また練習場に遊びに行きます♪
Oh、Yes!! Good Idea!!OK F-nie!!
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム