Blues Boxの今年1月1日の投稿記事にあるように、今年の目標として掲げた日本の“Blues Guitar Master”塩次伸二さんのLiveを当地で開催する件ですが、現在塩次さんと連絡を取りながら日程調整を行っています。
 いずれ正式発表を致しますが、今のところ8月初めを予定にしています。日本で一番暑い時期に日本で一番熱いBluesを聞けるのです!!お楽しみに。


sio-t2-02.jpg


 実はMune-G'sとしては塩次さんとは初めてではなくて、以前に久留米のBlues Festivalでご一緒させて頂いています。その時のMune-Gのコメントはこちらに有ります。

 塩次さんのHPはこちら

 画像はこちらにも有ります。
スポンサーサイト
コメント
たかさん
私も往年のプレイヤーの名前が思い出せない事が多々あります(汗)。
Liveに出掛けて、そこにゲストで来られたプロの方の演奏を聞くのはとても楽しいですし、勉強になります。
特に長い間一線で活動された方からは、言葉に言い表せないオーラを感じます。

たかさんの学生時代は京都でしたか。私は大阪でした。
関西には独自の音楽のムーブメントが有りましたね。今は関西発って聞く事が無いですけど・・・。
相変わらずおおぼけですみません(涙)
色々ごっちゃになってますね~
そそ、クンチョーはVOがすごいんですよね!
渡辺大之伸氏もでてたような・・・
そうか間違ってましたが、両大御所とも一緒に演奏されたんですね!
すごいです♪
たけさん

“塩次伸二”さんはウエストロード・ブルース・バンドで、“くんちょう(堤和美)”さんは上田正樹とサウス・トゥ・サウスでしたね。お二人とも70年代初期から関西一円にブルースやR&Bムーブメントを巻き起こした立役者だったのには間違いないです。

その“くんちょう”さんとも以前ライブでご一緒させて頂きましたが、ギターよりもそのボーカルにやられました。サウス・トゥ・サウス時代にもステージ中盤で“くんちょう”さんが1~2曲歌われていましたが、上田正樹よりも私としては好きなボーカリストでした。

現在の“くんちょう”さんはこちらで、
http://www.chuji.com/
おお!
クンチョー渋いですね~♪
京都で学生時代を過したので、当時はクンチョーの出るオーチスレディングトリビュート楽しみに見に行ってました。
ブルースレジェンドと一緒に演奏できるなんて・・・いいなぁ
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム