コメント欄でshinmei_tさんから問い合わせがあった、今回の68TLBとの馴れ初めのエントリーです。

 楽器店の在庫のベースをネットで日々チェックされている方も多いと思います。ネットでは楽器店の最新の在庫状況が分かりますし、オークションでもベースが買えます。

68TLB 1 そんな状況下で今まで高嶺の花と諦めて、指を咥えてネット上の画像を眺めていただけのベースが、ある日突然販売価格がこれまでの70万円レスになっていたらどうします?7万でも10万でもなく70万円引きですよ。おそらく皆さんはオォーッ!と思われるでしょう?

 この1968年製のFender Telecaster Bass Paisley Redはその様にオォーッ!と思って購入しました。 60年代のFenderはもう楽器として扱える値段を遥かに超えてしまっていて、購入することはもう二度と無いだろう・・・?と考えていたのですが(そんな訳でGibsonに走ってみたりして・・・笑)、私がネットで久々にある楽器店をチェックしたところ、その日から70万円レスになっていて、いきなり射程圏域に入ってきた為に、即ロックオンしたという次第です(笑)。(当初の価格設定が高すぎたという話もありますが・・・汗。)

68TLB 2 楽器店に問い合わせたところ、「しばらく在庫だったのだが、秋の在庫一斉処分ということでのセール価格」との事でした。どこかが壊れたとかの問題点が浮上したのでは無い事を聞いて安心した後に、ベースの状態を細かく問い合わせしてから購入しました。

 この楽器店はHold(購入検討中)になったとたんにサイトから商品詳細が削除されるので、値引き価格が掲載されていたのはその日の1日限りでした。先手必勝でしたね。以前ビンテージ楽器店で61JBを購入した際も、店頭でパーツをチェックして購入を検討していた時に他のお客さんが購入したいと言い出したのであわてて即決した事もあり、今回も再びタイミングに恵まれたと言えます。

 という訳で、試奏せずに購入したので、先日のPUのエントリーにある様に出音に関しては、(コレクションとしてではなく、使う為に)手を加える必要が出てきたのですが、Fender Telecaster Bass Paisley Redに関しては、音を云々以前にこのPaisley柄を手に入れるという事が最重要ポイントとなるので(笑)、今回のベース購入事例に関しては満足しています。

 連載(?)を始めたばかりのGibsonのベース達の何本かは手放す事になりそうです・・・(泣)。
スポンサーサイト
コメント
びっくりです!
はやし@ROUTE335さん、いらっしゃい。

いゃー、そうですか、あの時の・・・、間違い有りませんよ(笑)。
実はあの日は、あのJBを最初に見かけた翌日に購入金額をフトコロにして再び店を訪れていた時だったのです。

店のオーナーにパーツをバラしていただいてチェックしていた時にいらっしゃいましたね。
もしもパーツに不安要素が有れば躊躇していたのですが、リフィニッシュ塗装とピックガードが交換されていた他は、オリジナルと判定出来たので購入を決定した次第です。

あの時、もしパーツに満足出来なくて私が購入しなかったら、今はこのJBははやし@ROUTE335さんの手元にあるかもしれないですね。プライスはここでは公表出来ませんが、今となっては有り得ないものでしたから・・・(笑)。

そんなプライスですから、私も疑ってパーツチェックをお願いしたのですが、62年と聞いていたのが、61年だったのは“儲け”でした(笑)。

ある意味、はやし@ROUTE335さんの“後押し”で、この61JBが入手出来たと思い感謝しています。

入手後に年代の近いピックガードを入手し、ネック調整・リフレットを行った現在は私の正妻となっています。その後にもビンテージのFenderを入手していますが、みんな恋人止まりですから(笑)。

私もですが、確かはやし@ROUTE335さんもあの店とは他県に在住していらっしゃるにも係わらず、翌年に再び同店でお会いしましたし、こうやってブログを見つけていただいたりと、なにかと縁を感じます。今後もコメント頂きますよう、よろしくお願いします。
No title
F-nieさん初めまして。
はやし@ROUTE335と申します。

実は、こちらの61JBはあの時のあれかしら・・と感じながら、
時々ここを見させてもらっていたのですが、
やっぱりそうみたい・・と判断しまして、ご挨拶させてもらいます。

たぶん私は、F-nieさんが61JBの購入を検討されていた時に、不躾ながら購入したいと言い出した”他の客”であります(笑)
正確には、”いいなぁ、それボクも欲しいなぁ・・”みたいな感じだったかと思いますが、似た様なものかもしれません。
翌年の同じ時期に、同じ店でばったり再会し、その店長さんから支給されたアイスコーヒーを微妙な感じで飲んだ記憶がありますが・・。
どうでしょうか。違っていましたらスミマセン。

私は中古ギターを収集する事を趣味としていますが、普段はベース弾きでありまして
あの61JBは、伺ったプライスに軽いショックを受けつつ、パーツチェックが面白そうだったので野次馬させていただきました。
万が一、見送りされるなら、”うふふ・・”だったのですが、私の存在が後押しさせてしまっていたとは・・逆効果でした。
ほんとうに失礼しました(笑)

F-nieさんは貴重なベースをいろいろとお持ちですね。羨ましく思います。
私のベースは新しめのものばかりなので
こちらのブログを見て、私もヴィンテージのフェンダーのベースを捜してみたくなりました。
しかし・・高いのでしばらくは無理でしょうが・・。
円高と景気低迷で少し安くならんかな・・と思っておるのですが・・。

これからも、ときどき訪問させていただきますので、宜しくお願いします。
No title
yokoちゃん
そうなのです。明治のCHELSEAの包み紙に似ているってよく言われます(笑)。
あっ
チェルシー…
No title
たけさん
昨今は普通のテレべでもかなりの高額になってきています。
ペイズリーレッドはそのレア度から、売れる売れないは別としてもっと高い値段が付いています。
そんな現況からみると今回のショップでの購入価格はもう再び出てこないものと思われます。
って、全然いくらか分からないですよね(笑)。

こちらのギグをタイミングが合えば、覗いて下さい。ベースの試奏もOKですよ!(笑)。
No title
70マン引き・・・いったいいくらなんだろう・・・

PS 毎年春に九州に行くので、どうせならF-nieさんのギグに合わせて行きたいですね~
No title
Bi-Shopさん
ThunderbirdはFenderライクな音で気に入っているので、申し訳ありません、70万引きは無理です(笑)。

左のカテゴリー欄のベース全てが残っている訳では無いので、何本かな~?(笑)。


Shinmei_tさん
元値が80万だとすると10万ですからね(笑)。(←そんなに安くはなかったですが・・・爆)

ベースは入れ替わりがあって、今の数を把握していませんが(汗)、最後に残るのは60年代のFenderになると思います(笑)。


Brianさん
いえいえ、いつでもコメントをどうぞ。

今回私が入手したのはテレべですが、スティングが使っているのはオリジナルのPB(OPB)のマイナーチェンジ後のボディにコンターカットが施されたモデルで、機種的には異なるのですが、使用材やPU形式は同じなのでサウンド的には近いものとなります。
ロックンロールやオールデイズを演るのにはピッタリのベースです。

今回は運良く楽器として扱える価格帯で入手出来たのですが、もう60年代のFender Bassは入手不可能だと思います・・・(泣)。

あっ、それと20日の広島【JiJi】はよろしくお願いします。
No title
>連載(?)を始めたばかりのGibsonのベース達の何本かは手放す事になりそうです・・・(泣)。
すみません。Thunderbirdは70万円引きになりますか?(爆)
しかし…本当に今何本お持ちなんですか?(笑)
No title
うーんん、70万引きってスゲーなぁ(笑)。でもやっぱりそれだけ引ける元値が付いてたってことですね。
しかしF-nieさんは今何本所有してるのでしょうか(笑)?
ギター弾きがコメント入れてすみません。
これ、かっこいいですね。
テレキャスター・ベースというと、最近スティングが好んで使ってるようですが、ちょっと独特ですよね。プリミティブなトーンというか。PUの位置が関係してるんでしょうか?
それにしても70万引きって…
今のオールドフェンダーの世界はすごいことになってますね!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム