ベースのネックとか弦高をいくら調整しても、もう一歩セッティングがしっくりこないということがありませんか?

 私が持っているベースの中にもそう感じるものがあったのですが、一つの解決方法を見つけました。おそらく殆どの方はAの基準周波数を440Hzとしてチューニングされていると思いますが、これを442Hzとするのです。

 現在私が参加しているバンドには管楽器がフューチャーされているのですが、管楽器の基準周波数は442Hzが一般的です。又、いつもセッションに出かけるハコのピアノも同様です。

 これまで、私は440Hzでチューニングして、管楽器のメンバーにそれに合わせてもらっていたのですが、管楽器側から442Hzの方が合せ易いとの声があがり、私を含む弦楽器側が442Hzにしたら、ベースとしても良い具合になったのです。

DSCF3119.jpg


 442Hzのチューニングのメリットは、テンションが上がった分だけ弦がビビリ難くなるので弦高を下げ目に出来て、かつ音にはハリが出てきます。ギターやキーボードのメンバーにも協力してもらう事が必要になりますが、私のバンド、そして私のベースにとっては442Hzのチューニングが今のところ良い側に作用しています。

 もちろん、ただチューニングを2Hz上げるだけだとネックが少し順反り気味になり、弦のテンション感もアップして幾分か弾き辛くはなるのですが、442Hzのテンションに合わせてトラスロッドや弦高を調整した後は直ぐに馴染んできます。

 EBMustang Bass等のショートスケールでテンションの緩めのベースにもお勧めですよ。たかが2Hzと思わずに一度お試し下さい。
スポンサーサイト
コメント
No title
shinmei_tさん
普段、弦高が高目の方にはあまり関係ないと思いますが、私のように弦高低目でネックはストレートが好みのタイプ (shinmei_tさんもそうでしょうか・・・?) には違いが分かっていただけると思います。
それにボーカルの歌声にもハリがでますよ(笑)。
No title
昔管楽器の入ったフュージョンもどきをやっていたときに442チューニングにしてましたね。比べてないのでその効能までハッキリと認識したことは無かったのですが、テンションが上がりハリが出ることは間違いないですね。やってみよ!
No title
よつこクン
ふ~む、なるほど。やはり管楽器も442Hzにすると響きがよくなるのですな。納得。
でも443や444Hzは弦楽器には弦のテンションが上がってキツイかな(汗)。
No title
明るく艶やかで、広がりのあるサウンド。の傾向で442Hzが主流の現在に至ってると聞いてます。
オーケストラによっては443Hzにするところもあるとか。
ヴァイオリンなどの弦楽器と違って♭の調性がほとんどの管楽器は2Hz上げると明るく通る響きになるんです。
といっても、442が普通になってしまった現在では、あまり意味無いか(^^;)
443,444にするオーケストラ等もあるみたいですよ。
No title
たけさん
半音下げとかのダウンチューニングとは逆のセッティングになるのですが、弦の“鳴り”に関してはこちらが良さそうです。
微妙な違いでは有るのですが、試していただいて、結果を聞かせて下さい。
No title
おー、素晴らしいです!
これは是非やってみなければ・・・
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム