MARUFUKU 10.5 a 少し以前の話題ですみませんが・・・、これは山陰地方(島根&鳥取)で販売されている“Lazuda”というタウン情報誌の8月号です。これに私の参加するバンドMune-G & The All Your Love Blues Bandが、ライブやセッションで利用している地元のJazz Cafe【マルフク】の紹介記事が掲載されていました。


 このタウン誌の取材班が【マルフク】を訪れた7月3日は丁度福岡からピアニストの工藤(どうく)隆さんを迎えてR&Bセッションを楽しんでいたので、取材班は食事の写真を撮ると同時にセッション風景も撮影したという次第です。残念ながらどうくさんは画像の外ですが・・・(汗)。

MARUFUKU 10.5 b


 ここマルフクでは、毎日曜日はアマチュアの様々なライブやセッションが行われていて、又月1回程度はプロを招聘してのライブも催されています。ここにはベーシストだけでもロン・カーターエディ・ゴメスなど世界のトップレベルのアーティストが訪れていて、Jazz好きの池野マスターは中央のミュージシャンには“島根のフセイン”で名が通っています。

 そんな【マルフク】ですが、人口5万人程度の小さな街での経営はなかなか苦労も多い様子で、池野マスターの『Jazzの灯そして音楽の灯を消してはならない』という思いを受けて、Mune-G Bandもライブやセッション毎に知合いに声を掛けて、お客さんの動員を図っています。



 という事で【マルフク】を盛り上げるべく、昨晩(10月5日)のR&B Nightに臨んだMune-G Bandですが・・・、マスターすみません・・・、盛り上がり過ぎてしまいました・・・(笑)。

DSCF2400.jpg


DSCF2404.jpg たまたまこの盛り上がりの様子を店の外から眺めて、入店された他市からお越しになっていたお客さんに、Mune-G Bandを気に入って頂いてライブのお誘いを受けました。こんな話を頂けるのも、ここ【マルフク】で演奏活動をさせて頂いているお陰です。有り難いことです(多謝)。池野マスター、今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
No title
どうくさん
楽しいセッションをキープしつつ、どうくさんのお越しをお待ちしています。
その時にもダンサーを用意しておきますので・・・(笑)。
セッション楽しそう♪
御無沙汰してます…すいません、出席率悪くて(汗)
m(_ _)m

相変わらず益田は熱いですね~(^_^;)

早く皆さんと再会したいですね( ̄m ̄*)V
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
rock n roll じゃないのですが・・・
おっ、超強力に盛上げていただいたお客さんからのコメントです。

hannah
Thank you for your dancing & singing.
All menbers of my band enjoyed very much.
At the next live, come again please. And join us.


No title
shinmei_tさん

それから比べると、ここはとても敷居の低いハコなのですが、それなりに苦労もあるのですよ。
あまりに気軽過ぎて、ダラダラとセッションを繰り広げていてもお客さんには飽きられるし、かと言ってプレーヤーに小難しい事を言い過ぎてもセッション参加者が減るし・・・。

要はお客さんにどう聞いていただくかを考えてプレイするという事なのですが、毎回試行錯誤の連続です。でもそれが楽しいのですが・・・(笑)。

ほんと、ココがみなさんのお近くならベーシストだらけのセッション会に利用できるのですけどね(笑)。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
No title
東京にもそんなアットホームなハコが欲しいです・・・。だってセッションって言えば、プロみたいな人ばかりのような気がして、なかなか勇気をもって入っていけないんですよね(笑)。
No title
卍クン

最強のMoria-Girls結成です!今回のR&B Nightは彼女達に全~部持っていかれました(笑)。

建国記念の雷鳥を捕獲しました。現在飼育中ですが、思ったよりも使えます。チョッパーもいけてます(笑)。詳細はいずれ・・・。
No title
pechokoriさん、応援コメントありがとうございます。
全くpechokori さんのおっしゃる通りで、当地にはほんとにありがたい事にハコとなるお店があるのですが、地元のミュージシャンには“有って当たり前”の空気があるのです。
私(と私のバンド)に出来る事は、そのハコを最大限に活用してLiveの楽しさを地元の方達に伝える事だと常々考えて行動しています。
そんな中で、今回の様にLiveのお誘いを受けたり、幅広い年代のミュージシャンと知り合えたり、演奏のスキルアップになったりと、メリットは計り知れないです。
こんな事を考えつつ、地元のハコと永く付き合える方法を模索しながら、日々行動しています。
No title
もりあガールズの新メンバー!?とも違うよーな…
何やら盛り上がったみたいですねv-42
新兵器は…遊び心ですか?♪  ワシもgrecoなら持ってますがスマートにガツンとし過ぎずロックの王道っちゅー感じで良いですよね♪
No title
がんばってらっしゃるんですネー!
私の住んでいる街もさほど大きな街ではないので、とても共感を覚えます。
演奏できる場所の確保は切実な問題です。
なかなかそこに気づいてくれるミュージシャンはまだまだ少ないですけど、それを伝えていくのも自分の使命かなと思うところもあります。
でもやっぱり、とんでもなく音楽が好きな人がいてこそなんだなーと今回のエントリーを読んで思った次第です。
北の街から応援しております!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム