PU交換、第2段です(笑)。

 Lakland 55-94 Classicをしばらく使ってみたのですが、弦の揺れ具合等の弾き心地はすこぶる良いのですが、如何せん出音が気に入らない状態でした。どうもオリジナルのBartoliniのPUの発する音は沈み加減で、奇麗に抜けてくれません。4~5弦のローポジを強く弾いても良い意味でズボッと沈んでくれずに、頭が潰れて腰が砕けた音になってしまいます。

 これはアクティブ回路使用時、またバッシブ時の如何に係わらない状態なので、PUの交換しかないかな?と考えていましたが、4弦用のPUならともかく、5弦用のPUはメーカー各社でサイズが様々なので、BartoliniのPU、しかもJ+Mタイプのサイズに合わせて彫られたキャビティに合う他メーカーのPUの入手は無理だろうな?とも思っていました。

DS00383132.jpg 実際、LaklandにはSeymour DuncanのPUをインストールしたモデル(左画像)も有るのですが、Seymour Duncanと現在取り付けられているBartoliniのPUのサイズのチェックが出来ないので、キャビティ加工無しでインストール出来るかは不明です。


 そのような状況の下で悩んでいたのですが、やっとリプレースメントPUを見つけました。それはドイツのHaeussel Pickups(ホイズル)という聞きなれないメーカーのPUで、Lakland 55-94専用のPUとなります。私もHaeussel Pickupsは今回初めて知ったメーカーなのですが、調べてみるとRitter-Basses等ヨーロッパ周辺のルシアー系のベース工房に使用されているPUメーカーの様です。取り扱った事が有る知り合いの楽器店に問い合わせすると、「深くて上品でヌケる音」だという事で、オリジナルのBartoliniとは出音のタイプが違うのを確認した上で入手しました。

DSCF1670.jpg


DSCF1672.jpg ご覧の様に、PUはウッドをくり抜いてコイルを収めてあります。型に樹脂を流して大量生産する方法とは対極にあり、ハイレベルな加工技術を持っている職人が、一つ一つを丁寧に手作りしている光景が、この奇麗な仕上げからうかがい知れます。木目や色合いから判断して、フロントのJタイプはローズウッド、リアのMタイプはエボニー材と推測します。

 ネックのローズウッド指板からフロントPUそしてリアPUへとグラジュエーションが付いた色合いがイケてます(笑)。


 PUの取り付けは、リアのハンバッキングPUは4芯シールド線が延びていて、これまでのBartoliniの配線材と同じ色のリード線が配線されていた箇所にハンダ付けをしてOKでした。ただフロントPUからの白と黒のリード線はBartoliniとは逆の白をアースに、黒をホットに接続しました。元と同じ色のリード線の接続では、リアPUとは逆位相となったので・・・。

 PU取付け後にアンプに接続して、出音のチェックをしました。もうのっけから、これまでのBartoliniとは全く異なる歯切れの良い音が飛び出してきました。PU出力も明らかにHaeusselの方が大きいです。フロントPUはよりタイトに、リアPUはより元気良くという第一印象です。

DSCF1688.jpg 画像でお分かりの通り、リアのPUはポールピースが大きくダブルコイルなので、フロントに比べて出力が大きい為に、弦から離してPU高を低くセッティングしました。


 しかし、しばらく弾いているとフロントPUの各弦の出音のバランスが悪い点が気になってきました。具体的に言うと、5弦が大き過ぎて歪加減になるのとは反対に4と3弦は小さくて遠くで鳴っている感じがします。チューニングする際も4弦5フレットのハーモニクス音を拾いきれずに篭ってしまいます。このままではとても弾き辛く感じたので、荒療治を施しました。

DSCF1690.jpg 元々は全てフラットだったポールピースを画像の様に出し入れしてスタッガートにしました。左が5弦側になります。各ポールピースを少しずつ動かしては、PUをボディに取付けて弦をチューニングして、アンプからの出音をチェックする事を数回繰り返して、やっと納得出来る各弦の出力バランスがとれました。ポールピースを動かす度にテスターで断線のチェックを行いながらの作業で、冷や汗ものでしたけど・・・。


 以上、セッティングに少し時間が掛かったのですが、その後はBartoliniとはタイプが異なって、切れが良くかつバランスの良い出音となり満足しています。ただトータルで言うとその出音は小奇麗でまとまりの有るものとなり、現在私がプレイしているR&Bやラテンには、先行でPU交換したAteleir Zのゴン太な音がよりマッチングしていると感じています。
スポンサーサイト
コメント
No title
ひでさん

はじめまして。

このHaeusselのPUは、Lakland 55-94専用とされていた中古を入手したもので、品番等は分かりません。

この記事をあげた頃はSleek Elite 
http://www5d.biglobe.ne.jp/~KSB/
が扱いしていたのですが、現在はしていないみたいですね。

メーカーのカタログにも、Lakland用となっているものは無いので、カスタムオーダー品と思われます。
メーカーに直接問い合わせするしかないのかもしれません。

このような返事で すみません。
No title
お初です。
このピックアップの型番など教えていただけますでしょうか?
頑張っているのですが・・・
良いベースなのですが、なかなか、私の思うところの音にならなくて・・・(泣)。ジャンルの異なる音楽には用途が有ると思います。

パッシプで気に入らない場合には、アクティブ回路に頼ってもダメというのが私の自論でして、これ以上の深みに入ろうとは思いません(汗)。

リアPUはフロントコイル・並列・リアコイルの切替が出来て変化が楽しめます。
せっかく
せっかくピックアップ交換しても負けているというlakland。うむむむむ、残念。
しかし交換用のピックアップがあるなんて知りませんでした。へぇ、でもいいなぁ。
現行のlaklandオリジナルをこれに交換するという方法も、ひとつには安易ですがありますね。後は、プリアンプだけど、アギラーにするといいのかな。
っと、リアピックアップは、タップ出来るんですか?
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム