Peavey 810TXの外周はカーペット地で覆われているのですが、長年の使用で生地の毛が立ってモコモコになったり、毛玉が出来ていたりと、一見すると“熊の毛皮”状態になっていました。

2007_0520810TX0008.jpg

 これをどうにかせねばと思い、まずはハサミで毛のカットを行い始めましたが、なにせ2ドアの冷蔵庫程の大きさのキャビネットですから、全くはかどりませんでした。そこで“毛”が相手ならこれしか無い!ということで“バリカン”の登場です。7,000円のスピーカーの原価に、バリカン代が2,500円加算されました(笑)。

2007_0520810TX0016.jpg

 1時間程掛けて(!)5mm程度の長さにカットした後は、画像上半分の様にスッキリとした“夏仕様”になりました。

スポンサーサイト
コメント
いやー、実はバリカンを探しにホームセンターに行ったら、隣に並んでいるカミソリに目が行ったのですよ。
もちろんカミソリなら2,500円もしないですけど、テクニックがね・・・。
という訳で、今日はプロの理容師のとしぼーに私の髪の毛を刈っていただきました(笑)。スピーカーも私の頭もスッキリです!
わぁー
す、すごい(o^∀^o)

バリカンを使用する!というのがすごい!(o^∇^)o

確かにバリカンは"毛"を刈る道具ですから、使用目的は当たってますよねぇ~
(^-^)


僕はだいぶ昔に、フリースの毛玉(フリースが出始めの頃はよく毛玉ができてたの…)を、カミソリの替え刃(単体)で剃った事ありますぅ f^ロ^; アハ

スピーカーの“毛”を刈るなんて、他には誰もしないでしょうね(笑)。
日曜日の広島Liveはよろしくね♪
すごい変貌ぶりですねぇ (*0*)スピーカー君もさぞかし涼しくなったことでしょう。お疲れ様でした(^-^)
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム