FC2ブログ
 Sabreを入手後、回路を様々に試行錯誤しながら使ってきました。しかしここに来てフロントPUに関してですが、どうしてもその太いポールピースで拾った信号のブーミー具合が気になってきました。シングルコイルで使用してみたり並列接続したりと配線上で出音をタイトにする工夫は出尽したのですが、やはりそのブッとい素性を変えることは不可能でした。いざという時の反発力が無い・・・(完熟トマトを手で優しく扱っているうちはプリプリ具合が気に入っているのだけど、噛み付くと歯ごたえが無く潰れてしまう)、そんな感じの出音です。というわけで、ハンバッキングのフロントPUを交換することにしました。

 先ずはそのPUのチョイスですが、以前のエントリーJB用のシングルコイルのPUを仮付けしてチェックした際に音的には好印象があったものの、その際に問題となったポールピースと弦とのピッチのマッチングと、もう一点のPUの高さの問題をクリアーする為には、JB用以外のPUでなければダメだろうな?と考えました。

2008_0302Sabre0035.jpg そんな中、いつもビンテージ・ベースをチェックしている際のバイブルとしている“The Fender Bass”の表紙のオリジナルPB(以下OPB)が目に留まり、OPBSabreのフロントPUの位置が近いのでは?と考えました。そこで写っている14~20フレットの位置が2つのベースで揃うようにOPBの写真を変倍コピーしたものを半分にカットしてSabreにあてがいました。
 

2008_0302Sabre0027.jpg


2008_0302Sabre0040.jpg 上のOPBの写真にはピックアップフェンスが装着されているのですが、左の画像からフェンス取付けビスより少しネック側がポールピースのセンターと分かります。これらを見比べた結果、SabreのフロントPUのリア側コイルとOPBのPUはほぼ同位置にあると分かりました。ということは、OPB用のPUをSabreのフロントPUのキャビティに取付けると、ポールピースと弦とのピッチのマッチングには問題は無いと言うことになります。
 

 そこでOPB用のPUを探したのですが、やはりここはリプレイスメントPUの雄のSeymour Duncanだろうということで、以下の3機種をピックアップしました。

SCPB-1.jpg   SCPB-2.jpg   SCPB-3.jpg


 左から、ビンテージのコピーのSCPB-1、その出力をUPしたのが中のSCPB-2、そして右はポールピースが大きくて最大の出力となるSCPB-3です。この中から選定する事としました。
スポンサーサイト



コメント
つとむさん、いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
Sabreをお持ちでしたか!さぞかし苦労された事でしょう?(笑)。
色々と検討した後に、この度はSCPB-3をオーダーしました。
どこまでSabreをパッシブで使いこなせるか奮闘しております。
今後もアドバイス、コメントをよろしくお願いします。
こんばんははじめまして。セイバーは自分も昔持ってて苦労した挙句売りました。Duncanは3が出力最大で全帯域出ます。Antiquityは3つのいいとこ取りで高品質なので間違いなくオススメだと思いますが、Rio GrandeのVINTAGE TALLBOY '51 P-BASSもどうやら高域が出るようです。こちらもサウンドハウスで取り寄せ出来るはずです。
ここまで確認して、先日のT'sさんへの問合せとなった次第です。
出力の件も参考になりました。ありがとうございます。
なるほど!
私もこの本持ってます。
そういう発想があったとは・・・

ダンカンですが、、出力は
SCPB1<SCPB3<SCPB2と思いますが
2が飛びぬけて出力が大きかった記憶が。。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム