今月26日、27日の本番が迫ってきたミュージカル“あかとんぼ”の練習が佳境に入ってきました。13日は演者との合わせ、そして14日はバンドのみで音の仕上げと、この連休は2連チャンの練習でした。

 画像は14日に行われた練習の模様です。急遽ティンパニーの演奏が課せられて、あたふたしているパーカションのヒデくんですが、これが入ると迫力倍増です!見た目にも4台のティンパニーはインパクト大なのですが、本番では舞台袖での演奏となる為に客席には音のみという事になります。

2008_0114赤とんぼ00532008_0114赤とんぼ0056


 私の使用機材はこれまでも紹介している61JBaguilarのアンプのセットです。現在、これが私にとって一番扱い易い持ち運び用のセットとなっています。(重量は別として・・・汗)
 
2008_0114赤とんぼ0062       2008_0114赤とんぼ0057


 足元にはZOOM607BASSを置いています。基本的にはノン・エフェクトで、チューナーとボリューム・ペダルとして使っています。607BASSの回路内にあるZNRという微少な信号の際は音をカットする一種のノイズリダクション機能と、ボリューム・ペダル機能とは、演奏ばかりではなく、セリフの際は無音でスタンバイする必要のあるミュージカルでは必需品となります。

 “黄泉の舞”という亡霊が出るシーンでの曲で、フランジャーとファズを組合せた飛び道具的エフェクトを、そしてもう1曲のスローな曲でハイバンド・コーラスを掛けていますが、あくまであっさりと薄くが基本です。
スポンサーサイト
コメント
今回のミュージカルは全てオリジナルで十数曲あって、様々なジャンルの曲なのですごく楽しくて、かつ勉強になります。
ティンパニーは音階がペダルで調整出来るなんて、今回初めて知りました・・・(汗)。
このミュージカルのバンドは今月限りの期間限定バンドなのですが、実は今日、新たなバンドが立ち上がって初練習をしてきました。
メインのR&Bバンドとはまた異なるジャンルの歌物バンドなのですが、一方で身に着けた力を他方で使ってみるというスタンスで、どちらも頑張ってみようと思っています。
色々手広くってすごいです♪
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム