Sabre (17) StingRay Bassと似て非なるのがこのPU廻りになります。ぱっと見、StingRayと同じPUが2ケ取付けられている様に見えますが、Sabreの方が一回り小振りのPUとなります。
 

Sabre (18) コントロール部のツマミはStingRayと同様に1ボリューム・2EQとなっています。ミニ・スイッチは右から、PU切替(Front、Front+Rear、Rear)、フェイズ・スイッチ、ブライト・スイッチとなります。
 

 このフェイズ・スイッチをONにすると、ローが無くなりペキペキの音になってしまいます。確かにこのベースの製造された79年当時は、ギターではフェイズ・トーンやハーフ・トーンがギタリストの個性を出す為に使われていたのですが、ベースでこの音は使えないのでは・・・?

 又、EQのトレブルでかなりキンキンに調整可能なのですが、更に追い撃ちをかける様なブライト・スイッチも不要ですね。

 そして、PUの配置でお分かりのように、Front PUはかなりのローを拾い、 Rear PUは逆にかなりのハイを拾っているので、この2EQの必要性も私は感じなかったです。

 リアのPUだけ使ったら、StingRayの音がするの?と思われる方もいらっしゃるでしょうが(もちろん、私もそうでした)、正直なところリアPUだけでは使えなかったです。EQでローをブーストしてもStingRay程のゴン太な音にはなりません。PUがStingRayより小ぶりの別なものをわざわざ搭載している事からも、あくまで2つのPUを使う事を前提に設計されているものと思われます。

 このコントロール部を設計したレオ・フェンダーの思いは、どうやら私には伝わらなかったようです・・・(汗)。と、ここまでのインプレでは少しも良い所がありませんね・・・(汗)。いやいや、せっかく入手したのだから、これからどうにかして手なずけてやろうと思います。
スポンサーサイト
コメント
もう、shinmei_tさんたら先を読みすぎ(汗)。
という事は、もう既に・・・(笑)。
いいところ、無いんですか(笑)?結構フェイススイッチは使いにくそうですね。ただ見た目は好きです!スイッチが多いのもあり!意外と回路を全部はずして、JBと同じ回路にしたら、いい音したりして(笑)。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム