2007_1127コンテセンサー0007 ヤフー・オークションで見かけたこのコンデンサーが気になったので入手しました。

 これは60年代のFenderアンプや、60年代後期のJBにも使われていたというMOLDEDというコンデンサーで、同年代のビンテージ物との商品説明でした。私が以前所有していた71年のJBには、まさにこのコンデンサーが使ってありました。
 

 商品説明ではさらに、“セラミック・コンデンサーに比べて明らかに中~低域が持ち上がるようなサウンド”との事。こういう謳い文句には(疑いながらも)弱い私です(笑)。確かに以前の71JBは(コンデンサーだけの要因では無いでしょうけど)、良い音をしていたので、触手が伸びたのは事実です。 

2007_1127コンテセンサー0019 実は現在所有しているキャンディー・アップル・レッドの66JBが、(61JBとの比較ですが・・・)少々ローが不足して、かつハイが綺麗過ぎて、押し出し感が不足する気がしているので、コンデンサーを交換してみようと考えたのでした。

 自宅で交換するとBefore,Afterが分かり辛いと考えて、スタジオでアンプでの音出しチェックが出来る状況でコンデンサーを交換しました。
 

2007_1127コンテセンサー0002      2007_1127コンテセンサー0009


 果たして、その試奏結果は・・・?
 これまでのコンデンサーでは、トーンを絞ってもスリ抜けたハイが残っていて気になっていたのですが、 このMOLDEDコンデンサーはハイをベールで包んだ様にまろやかに収めてくれる感じがしました。謳い文句の“中~低域が持ち上がる”とまではならなかったのですが、ハイが旨く絞られて耳障りでなくなったので、相対的にローが耳に届く感じはしました。

2007_1127コンテセンサー0014 AmpegSVT-VRで鳴らして様々なセッティングを行った結果、画像のツマミの状態に落ち着きました。フロントPUは12時の位置でフルアップです。リアPUは10時半の位置に絞り、そしてトーンは9時の位置です。歯切れと図太さが同居した音が作れたと思います。

 今回のMOLDEDコンデンサー、お薦めの一品です。
 


 eBayで、MOLDEDコンデンサーが取付いている69JBを見つけたので、画像をUPしました。

eBay69JB1.jpg     eBay69JB2.jpg
スポンサーサイト
コメント
eBayで、MOLDEDコンデンサーが取付いている69JBを見つけたので、画像をUPしました。
FATさん
さっそくのご返答ありがとうございます。
ご返事いただいた内容など、どこの本にも載っていないですし、コンデンサーに関しては、まだまだシロートの私なので、とても参考になりました。
ベース本体のセッティングが一通り済んだのなら、コンデンサーで仕上げるっていうのも有りと思います。
又、問合せをさせていただきます。
MOLDEDは60年代後半~70の初期までの短い期間にしか使われてないのであまり知られてないと思います。しかも同じ年代でもセラコンが付いている物もあります。またオリジナルは0.047uFではなく0.02uFだったと思います。

66JBコンデンサー交換の画像を拝見させて頂いたのですが交換前のコンデンサーはセラコンではなくフィルムコンデンサーです。ブラックビューティー等のビンテージフィルムコンデンサーではなくポリプロピレンフィルムコンデンサーが付いていたようですね。ポリプロピレンフィルムコンデンサーはオレンジドロップ等と同じ素材のコンデンサーになります。私は比較したのは現行の小さなセラコンでしたので(ビンテージの煎餅のような大きなセラコンはまた音が違います)現行のJBから交換して頂けると更に音の違いを実感して頂けたと思います。

コンデンサーは全て音出しチェックをしているのですがビンテージですと個体差が大きいので比較は全てフェンダージャパンのJBを使った感想になります。
私は本業はギター・ベースのリペアなので出来るだけ詳しくチェックさせて頂いているつもりです。

ハムに0.047uFは合わないと思います。私はベースのハムバッカーのコンデンサー交換を行う場合は0.01uF~0.03uF辺りをお勧め致します。どのコンデンサーを使うかは好みなのですがベースにビタQ等のオイルコンを使用するとローがスッキリしすぎるのでビンテージフィルムか(MOLDEDもフィルムコンです)40~50年代に作られたペーパーワックスモールドをお勧め致します。JBは発売が60年ですのでほとんどがセラコンですが(フェンダーは60年以降、ほとんどのギター・ベースがフィルムに比べてコストの安いセラコンに切り替わります)50年代のフェンダーのギター・ベース(プレベ)はペーパーワックスモールドが使用されています。オールドに使われていた物と同じメーカー・容量のペーパーワックスモールドは非常に高価ですがメーカーが違えはかなり安価に手にれる事も可能です。

MOLDED 0.022uF200Vと0.027uF200Vが中古ですが数個入荷致しました。またペーパーワックスモールドの0.01uF~0.03uFもいくつか在庫はございます。オークションにも出してないコンデンサーの在庫も沢山ございますので何かございましたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。
FATさん
コメント、ありがとうございます。

私が以前持っていたJBのシリアルは32○○○○と記憶しているので71年の物で、確かにこのMOLDEDのコンデンサーが付いていました。実はオークションでの商品説明を見るまで、このコンデンサーはノン・オリジナルだと思っていた私です(汗)。あまり見かけないですから・・・。
MOLDEDは取替え前と比べて、ハイの収束感が明らかに変化して、相対的にローが深まる感がしました。オークションでのFATさんの商品説明は良くチェックされての的確な内容で、その通りの使用感でした。

実はその後にMOLDEDをSabreに移植してチェックしたのですが、こちらでは一般品のセラミックコンデンサーとの違いが明確には出なかったです。やはりハンバッキングPUには0.022~0.033μFの容量のものが相性が良いのかも?と考えて、ちょうど探そうとしていました。その辺りのお薦めのコンデンサーがありましたらご紹介下さい。

その他にもベースにお薦めの商品がありましたら、どうぞこちらでPRしてみて下さい。
はじめまして。オークションではお世話になりました。MOLDEDの出品者のFATと申します。

MOLDED気にいって頂けたようで安心致しました。
このコンデンサーは68~70年までのJBに入っているのは確認していいるのですが71年にも入っている物があるとは知りませんでした。71年に入っていたのは「余ってるから入れてしまえ!」といったイレギュラー的な理由だとは思いますが。。フェンダーにこういった事は良くある事ですから・・

MOLDEDはフェンダーのアンプ(60年代はかなりの数が入っているます)に使われたコンデンサーという程度の知名度であまり知っている方は少ないと思いますがスプラグやコーネルと比べても遜色のない優れたコンデンサーだと思います。

またあまり知っている方は少ないかもしれませんがMOLDEDは60年代のRickenbacker (ベース・ギター共に)にも使われています。0.047uF100Vは完売してしまいまいしたが殆どがリッケンマニアの方が買っていかれました。

特に宣伝をする気はないのですが不快に思われたのでしたらコメントの削除をお願い致します。(たまたま見かけたので書き込みをさせて頂きました)

失礼致しました。


shimnei_tさん
私の66JBは70年代のものと比べると、乾いたパリッとした音なのですが、太さの点では61JBには負けていたので、今回のコンデンサー交換となりました。
もちろんコンデンサー交換だけで、全てが気に入る音になる筈は無くて、アンプのセッティング、PUの高さ調整等を行って、本文に記した様に納得できる音になったのですが、ギラつく高音が気になる場合には、それを収める良いアイテムでは?と思います。
いささか抽象的な表現になるのですが、これまでのコンデンサーは網を掛けて高音を抑えているので、幾分か気になる高音成分は網目をスリ抜けていたのですが、今回のMOLDEDはベールを被せたように高音を隠していても、太い芯はベールの向こうに透けて見えていると言うか・・・、分かります・・・?(笑)。


マチャさん
コンデンサーはこれまでLaklandにオレンジドロップを取付けた事が有るくらいで、あまり積極的にチェックしてはいなかったのですが、このMOLDEDは古いものなので興味がありました。
以前持っていた71JBに取付いていたこの青いコンデンサーを見たときは、「ノンオリジナルかな?」と思っていたのですが、純正だったのですね(汗)。
66年JBのロー不足は私も感じます。単体で使う分には全く問題ないのですが、64年と比べると・・・。多分音の感じはF-nieさんがおっしゃる感じと全く一緒ですね。ということはこのコンデンサーはいいのかも!?
私も気になってました。
コンデンサーは奥が深いですからね。下手に安いのをいろいろ試してもダメだったりしますから正解じゃないでしょうか♪
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム