FC2ブログ
  ピッアップ

 EB-0に使用されているパーツをチェックしてみます。先ずは特徴的なピッアップ(以下PU)から・・・。

 EBEB-Ⅱと続いたEBシリーズですが、これまでのシングルピックアップから61年に発表されたEB-0からはハンバッキングピックアップとなりました。初期のPUはこの様に黒の樹脂カバーとなります。このカバーを取外して見ました。外すまではPUカバーと外周のエスカッションは別物と思っていたのですが、実際は一体成型の物でエスカッションに見える溝が掘ってあるだけでした。

2007_1116EB0001.jpg       2007_1116EB0010.jpg


 横向きにセットされた2つのコイルの間にビスがポールピースとして取付いています。このビスの高さを調整して各弦の出力バランスを取ることが出来ます。Fenderのシングルコイルでは完璧には対応出来ないポイントですね。そのビスの頭にドライバーをくっつけて磁力の強さをFenderJBと比較したのですが、JBの方が強かったです。EBは磁力は弱くても2つのコイルで発生させる電流を稼いでいるのです。この方法はノイズに対しても有効ですし、勿論逆磁逆巻きの2コイルでの接続でノイズキャンセルもなされています。その2コイルの接続はPBと同じく直列配線でした。アンプに接続した際のパワーは、私の61JBと比較してより大きいものでした。

2007_1116EB0014.jpg       2007_1116EB0012.jpg


 PU下にはスポンジが敷かれていると思いきや木片(アイスキャンディーのバーかも・・・?)でした。カバーは4つのビスでボディに固定されているだけで、Fenderの様にPUの上下の移動は出来ません。前述のホールピース役のビスはかなり長くて大きい範囲での高さ調整が可能なので、PU自体の上下は不要なのです。と言いますか、指板にぴったりとくっついた位置に有るPUですから、PUの高さは指板以上には出来ませんし、PU自体の上下調整は不要です。

 この年代の後にはPUの樹脂カバーにクロームメッキが施されたり、ニッケルメッキのメタルカバーが採用されたり、黒の樹脂のエスカッションが取付けられたりと変革していくのですが、私的にはこの黒のPUカバーが一番“グッと来る”のです・・・(笑)。
スポンサーサイト



コメント
shinmei_tさん
実は私も初Gibsonだったりするので、分解しながらあれやこれやと調べた事をこちらに挙げています。見慣れたFenderと異なる形状&設計思想のパーツに、「ほー」とか「へー」とか言いながらチェックしている私です。

やはりベーシストたるもの、EBとサンダーバードには興味が有りますよね。サンダーバードのノン・リバースの出物なんかが有ったら、私、絶対買ってしまいます(笑)。


マチャさん
スバルの水平対向と同じです(笑)。

このEBはサスティーンがかなりあり、スポンジ・ミュートを試してみる価値はあると思うので、今度やってみます。ただ、これ以上モコモコになったら、弾いている本人にフレーズが分からなくなるおそれが有りますけど・・・(笑)。
面白いっすね、EB。構造を見るのも初めてだし、全然知識がないところなので、勉強になります。ギブソン系で欲しいと思うのはEBとサンダーバードぐらいなので、興味津々で読んでます。
初めてEBのPU内部を見ました。
横置きだなんて驚きですね。自動車のエンジンみたいだ~。
EBって思いっきりスポンジを弦に挟んでミュートさせると良さそうかなって想像してますがどうなんでしょうか?
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム