FC2ブログ
 新たなブラウン(ウォルナット色)のVestax BV-Ⅴの入手後のセッティングが決まったので、これまでのレッドのBV-Ⅴとの2ショット撮影を行いました。モデル的には同一なのですが、木材と仕上げ色で見た目のイメージがかなり異なっています。

IMG_4171.jpg


 セットネックなのでボディ・ネック鳴りは少な目で弦振動がストレートにピックアップされる感じは共通なのですが、ボディー材の違いに影響されてか、レッドは硬質な出音、1kg軽いブラウンは低域に振れた出音となっています。

IMG_4177.jpg ブラウンの入手時にはローB弦が沈み過ぎる感があったのですが、弦の選択・弦の張り方・プリアンプ交換等をこなし、そして先のエントリーのポールピースにネオジウム磁石を貼り付けた後はローBからG弦までがバランス良く鳴るようになっています。


 You-Tube等で弾かれている5弦ベースの音を聞くと、「あっ、今5弦に降りた」と直ぐ分る程のベロベロとしたものが多いのですが、このブラウンのBV-ⅤはローB弦とE弦の音色の差が少なくて、繋がりがスムーズです。これがこのベースの特徴で、今まで所有してきた5弦ベースの中では一番の好印象となっています。

IMG_4180.jpg 今後はブラウンをメインに使おうと考えているので、レッドは「これまでお疲れさま」の意を込めて、全パーツをバラして各部を磨き上げました。小傷をタッチアップし、ボディーやネックの各材の貼り合わせ部に経年の伸縮で段差ができていたのを耐水ペーパーとコンパウンドで削って磨いてフラットにしていて、数年前に中古で入手した時以上に綺麗な状態に戻っています。


 「知る人ぞ知る」というよりも「極少数の知っている人しか知らない」という、一般的にはあまり価値が認められていないベースなのですが、私にとっては1990年代に各メーカーが模索しながら多弦ベースを製造していた時期に、これだけのオリジナリティーと演奏性・出音の良さを合わせ持つ国産ベースがあった事を教えてくれる点で重要かつ大切なベースなので、今後も丁寧に弾き続けていこうと考えています。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム