FC2ブログ
 Vestax BV-Ⅴのオリジナルの内蔵プリアンプは1990年代製ということで、当時のアクティブ回路臭さが漂うとてもストレートでガチッとした印象の出音です。私の好みの出音はもっとナチュラルなものなので、以前のレッドのBV-ⅤにインストールしていたHUMPBACK engineeringのプリアンプ1×1をこちらに移植しました。

IMG_3975a.jpg 取り外したオリジナルプリアンプ(左)とこれから取り付ける1×1(右)です。オリジナルではポット別に計4枚あった基板は、1×1ではコンパクトな1枚となっていて、20年間の電子回路の進化を表しています。

 導電塗料が塗布されていないバッテリーキャビティーの底には、ボディートップ面のメイプル材のトラ杢の裏側が見えています。


IMG_3976a.jpg インストールした1×1を通過した出音をチェックしました。発音の立ち上がりが早く、雑味の無いナチュラルな出音です。Trebleを絞るとパッシブトーン的に高音が減衰するのが良い感じです。




IMG_3977.jpg 上の状態でしばらく使っていたのですが、そのナチュラルさに飽きたと言うか、Middleのコントロール(少しのブースト)が欲しいなと感じてきました。そんな折、ネットでこちらの中古パーツを見掛けたので入手しました。


IMG_3978a.jpg JBのコントロールプレートに3バンドEQコントロールのAguilarのOBP-3が組み込まれたものです。狭いスペースに、アクティブ・パッシブ切替えスイッチ付のマスターボリューム、PUバランサー、BassとTrebleの同軸2連トーンポット、Middle用トーンポット、そして400Hzと800HzのMiddleのコントロール周波数切替えスイッチがびっしりと組み込まれています。


IMG_3986.jpg これをバラしてBV-Ⅴのコントロールキャビティーに取り付けました。アクティブ回路ではキャビティー内が蜘蛛の巣状の配線になるケースが多いのですが、入手時の配線材が既に短かったので配線の引き回しを熟考し、OBP-3のブラックボックスの下に配線が隠れるように纏めています。


 又、Middleのポットを周波数切替えスイッチ付の50kΩに替えていて、4個のポット全てが複合機能タイプになっているのですが、上記の配線の工夫により、多機能のアクティブ回路とは思えない程にスッキリとした収まりになっています。

IMG_4341.jpg ボディートップでは、BassとTrebleを同軸でコントロールする為にスタックノブ(2段ツマミ)となっているのがこれまでとの変更点です。スタックノブをあまり目立たせたくなかったので、下段の黒の金属製ツマミは背が低くて直径が小さいWarwick用を流用し、上段の木製ツマミは下側をカットして全高を低くしています。その2つのツマミの長さと内径に合わせてスタックポットの軸も加工しています。


IMG_4342b.jpg ヴォリュームとMiddleツマミを引き上げると、それぞれがアクティブとパッシブ切替え、Middleのコントロール周波数が400Hzと800Hzの切替えとなります。ツマミの引き上げ時に頭が揃うようにスタックノブの高さ調整をしているので、引き上げたままでの使用でもルックスに違和感はありません。


 これまで所有してきたVestax BV-Ⅴでは常時アクティブ回路を経由した出音だったので、この度初めてパッシブでピックアップの素の出音を聞いたのですが、とてもストレートで癖の無いものと感じました。

 Aguilar OBP-3は回路内部でのゲイン調整機能はないのですが、アクティブ時でもパッシブ時と音量と音質はほぼ変わらずで、細かく言うとアクティブ時に低域~高域のレンジが少し広がるように感じました。アクティブ回路にバッテリー切れ等のトラブルが発生した際に、バックアップ用として十分に使えるパッシブ音です。

 私としてはアクティブ時にMiddleをほんの少しブーストした状態が好みの出音となるのですが、ここでMiddleのコントロール周波数を400Hzと800Hzとで選択できるのはとても有効です。BassとTrebleはフラットのままで、中低域をふくよかにしたければ400Hz、中高域で歯切れを出したければ800Hzに切り替えています。

 実はパッシブでのトーン調整も行ってみたくて、コントロールキャビティー内にパッシブトーン回路を簡易的に組み込みしたのですが、それだけで高域が減衰したのと、同様の調整はEQのTrebleツマミで行えるのが確認できたので、直ぐに取り外しています。



IMG_4193.jpg 最近のアクティブ回路付きベースには、ボディートップにこれでもかというくらいにノブやスイッチが数多く配置されているものがあるのですが、私は演奏中にノブを頻繁に弄るタイプではないので、このモディファイ後のVestax BV-Ⅴは多機能ではあるものの、ノブは一見4個で納まっているのがなかなかの好印象となっています。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム