FC2ブログ
 こちらのブログではこれまで馴染みの無いGibsonEBなのですが、簡単にその歴史を追ってみます。

Electric Bass
IMG.jpg

 1953年にGibson社のベースとして初めてリリースされたのが、このElectric Bassです。もちろん社内に他のエレキベースは無かったので、差別化の必要が無く単純にElectric Bass (EB)と名乗っていました。一個のみのピックアップはGibsonお得意のハンバッキングではなくて、シングルコイルです。エンドピンにスタンドを取付けてアップライトベースの様に立てての奏法も想定されていました。エレキベースの奏法が確立されていない時代背景が伺い知れます。


EB-Ⅱ
コピー (2) ~ IMG

 ギターのES-335風のセミアコースティックボディに1PUを搭載したEB-Ⅱが58年に登場します。その為にこれまでのEBEB-Ⅰと番号が振られます。


EB-0(初期タイプ)
コピー (3) ~ IMG

 EBEB-ⅡEB-Ⅰとネーミングが流れてきたからでしょうか?59年に発表された、レス・ポールJrタイプのボディ形状を持つこのベースにはEB-0の名称が与えられました。これまでのPUと同じに見えるEB-0のPUですが、これからはハンバッキングPUとなりあのハイパワーでブーミーなEBサウンドが確立されました。


EB-0
2007_1116EB0072.jpg

 61年にはギターでお馴染みのSGシェイプとなります。私のEB-0はこの年代のものになります。


EB-Ⅲ
IMG_0002.jpg

 SGシェイプのEB-0が発表された61年には、2PUバージョンとなるEB-Ⅲも発表されて、EB-0と共に当時のハードロックブームに乗って人気を博していきます。

 その後EB-0EB-Ⅲは69~71年の間にスロッテド・ヘッドが発売されたり、ヘッドが若干大き目となったり、ロングスケールのネックが登場したり、72年頃からはフロントPUがブリッジ側に移動されたりと、細かい変更を受けながら70年代の終わりまで製造されました。

 ということで、私の入手した62年のEB-0は、SGシェイプとなった61年に近い、最もシンプルな仕様で、良質なマホガニーを使い、製造精度の高い製品だとの評価が付く年代の物なのです。どういう訳かFenderもその年代の物が一番評価が高いのですね。ベースに限って言えば、51年のFenderのオリジナルPBや、53年のGibson EBの発表から10年を経て、次のモデルでエレクトリック・ベースという楽器を完成させようとした各メーカーの強い意気込みを感じる事が出来ます。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム