FC2ブログ
 昨年(2020年)はコロナ禍でライブ活動が出来ずに家ごもり状況だったので、『気に入った5弦ベースを入手する』と自分なりの年間目標を掲げて様々な5弦を試してみました。気に入ったベースが1本目で現れていたのならば昨年の早い時期でblogにアップしていて、そこで5弦選びは終了となっていたのですが、なかなか思うようには事が進まずに、結局は通年で5本のベースの買い→売りを繰り返す羽目になってしまいました。

 入手して試したものは、アメリカの“L”やカナダの“F”等の所謂ハイエンドと称されるベース、その他国産の工房系ベースだったのですが、取捨選択していく中、年を超えた(2021年)時点で残っていたのはこちらの1本です。

IMG_3648_20210414105944a08.jpg


 1990年代に生産されて現在は見る事が少なくなった(≒無くなった)Vestax BV-Ⅴですが、私はこれまでに3本所有していました。

 ■ 1本目 初期モデル ウォルナットボディー ブラウン 既に売却処分

 ■ 2本目 初期モデル フィガードメイプルボディートップ(ブログ未掲載) クリアー 既に売却処分

 ■ 3本目 後期モデル メイプルトップ+マホガニーセンター+アルダーバック レッド 現在も所有

IMG_3666.jpg 4本目となる新たな1本は後期モデルでカーリーメイプルトップ+ウォルナットバックの2層ボディーです。3本目のレッドの後期モデルは好みの出音で数年間使っているのですが、如何せん4.8kgの重量が最近はプレイする上でかなりの負担となっていました。


 そんな折、ネットで見つけたBV-Ⅴが目に留まり、詳細をチェックしてみると3.92kgという重量に驚きました。これまでのBV-Ⅴは全て4kg後半(というよりもほぼ5kg)だったので、「1kgも軽いのなら試しておくべき」との思いで入手したのでした。

IMG_3655.jpg ボディートップのカーリーメイプルの細かな木目が目を引くものの、ボデー・ネックの塗装がウォルナット色、かつ艶を押えたマット仕上げなので、派手さが控え目なところがルックスとして気に入ったところです。


 幾らかの小傷は散見されるのですが、プレイを損なうようなダメージは無くて、20年以上丁寧な扱いを受けていたと推測されます。ルックスはさておき、ベースとして肝心なプレイヤビリティーや出音に関しては今後のエントリーで説明していきます。
スポンサーサイト



コメント
マチャさん

E弦~B弦がスムーズに繋がる5弦ベースってなかなか無いのと、最近は軽量というのが選択条件に加わったので、5弦選びが更に難しくなっています。

コロナ禍で2年続けてGWの上京ができずに楽器店での試奏も叶わずで、これはと思う5弦をネット購入しては気に入らずに売却を繰り返しています(汗)
これは良いですねというか好きです。
Vestax なんて実際に見たことも触ったこともないですけど。カッコ良いなぁ。
いつか気に入った5弦に出会ったら買おうと思ってるんですけどね。5弦選びって難しいですよね^^;
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム