FC2ブログ
 新コロナウイルスの感染防止の為に全国的に大きなイベントが中止となっているのですが、まだ感染者が出ていない私の地域でも同様で、参加するバンドで出演予定だった大きなお祭りイベントが軒並み中止・延期となっています。バンドの練習は毎週欠かさず行っているのですが、やはり手持ち無沙汰感はあり、それを解消する為に手持ちのベースのメンテを日々行っています。



 1960年の終わりに製造・販売が開始されたFender Jazz bassは、当初は2スタックポットだったのですが、61年の中頃に特殊なスタックポットの供給が不安定だったので3ポットに変更されたというのが通説となっています。操作性に難があったからとの説もあります。

 私の所有する61JBは3ポットに変更後のモデルなのですが、長年の使用によりポットにガリが目立ってきました。これまでも何度か接点復活剤でガリを消してきたのですが、イタチの追いかけっこ状態になってきたので、以前に一時取り付けしていた事もあるスタックポットに取り換える事にしました。

IMG_3020.jpg         IMG_3024_20200310103614a90.jpg


IMG_3033_20200310103618071.jpg 取り外したデフォルトのポットハウジングには304-6120の刻印があり、スタックポール社製で61年第20週目製造を表しています。e-Bay等での画像で3ポットの刻印をチェックしているのですが、これより製造年の古い3ポットを見掛けた事は無いので、この回路は大事にストックしておきます。


IMG_3028_2020031010361565c.jpg 取り換えするスタックポットが組み付けられたコントロールプレートをオリジナルと並べました。スタックポットのプレートはヴィンテージ物ではなくて(ビス穴が大きい)リバイバル製品なのですが、経年のスレ等でこちらの方が古っぽく見えます。


IMG_3031.jpg プレートに取り付いているパーツも近年のもので、2つのコンデンサーはヴィンテージに似せて再生産されたものです。


IMG_3030_20200310144551b75.jpg 左はオリジナルの回路ですが、これにはホットのラインに2つの抵抗が直列に入っていて出力が低くなるのと、回路自体がどちらかのPUボリュームを絞りきると両PUからの音が出なくなるというギブソン・タイプだったので、この度取り付けするプレートの回路は一般的な2ボリューム・2トーンに変更しています。


 これを取り付けて、サーキット交換作業は終了としたかったのですが・・・、

IMG_3037_20200310103621e88.jpg         IMG_3042_202003101036234c6.jpg


 アンプからの出音をチェックすると、あまり良いとは感じられなかったです。2つのボリュームポットをフルアップからどちらかを少し絞った際のフェイズが抜ける感がこれまでの3ポットのスムースさよりも違和感があり、又2つのピックアップ毎のトーンコントロールも多彩な音色と言うよりも複雑で面倒くさくて、且つそれほどの好結果とはならないと感じたのでした。

IMG_3043_2020031010362404c.jpg となると、スタックポットはそのまま使用して、回路は3ポットと同様のものにすることにして、マスタートーンとなるコンデンサーをいつものワニ口クリップに咥えて選定しました。


IMG_3049_20200310103626e77.jpg 一旦はオレンジドロップに決めて回路に組み込んだのですが、アンプから聞こえたのは予想よりもハイが立った出音でした。コンデンサーの選定の際はワニ口クリップとリード線の間でハイの損失があったのが、これが除外されたのでハイが活き返ったのでした。


IMG_3055_20200310103627725.jpg 私の好みとしてはトーン(ハイ)を絞る方向に持って行きたかったので、次にはサーキットにダイレクトにコンデンサーを取り付けて選定した結果、画像のコンデンサーに落ち着いています。コントロールの操作は2ボリュームで、トーンはリアの黒のツマミで行います。フロントのトーン用ポットには何も結線されていないので機能しません。


IMG_3061.jpg


 見てくれは2スタックポット、操作性は3ポットとなった61JBです。これまではデフォルトのパーツに敬意を表して手付かずの回路だったのですが、新たな回路は近年のものなのでパーツ交換も気軽に行えます。この度は手持ちのコンデンサーで対処したのですが、今後のコンデンサー交換もあり得ます。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム