FC2ブログ
IMG_3009.jpg 自宅での練習やちょっとしたセッションへの持ち出し用として重宝しているAmpeg SVT-450HとSVT-112AVのセットですが、ヘッドアンプのSVT-450Hの音質はAmpegで私がイメージするところの熱々でギンギンしたものではなく、安っぽいトランジスタアンプ的でキンキンのハイが立ったクールなものです。


 これまで3bandトーンのTrebleを絞ったり、9bandのグラフィックEQを調整したりして使用してきたのですが、トーンがセンターポジションで好みの出音とならなくてはならないという私の性分故にこれを何とか改善しようと思い立ちました。

535SCH_1a.jpg 先ずはSVT-450Hのプリアンプの回路図を入手して検討する事から作業を開始しました。


535SCH_12.jpg EQフラットの状態でハイのキンキンを下げたいので、Trebleポットに関連するC10とC12のコンデンサーの容量を変更すれば良さそうです。デフォルトのC10(0.01μF)とC12(0.1μF)の容量の1/10の割合はトーンに歪みが出る(フラットではない)事も事前調査で判明しています。


IMG_2947.jpg SVT-450Hからプリアンプの基板を取り出して、交換予定のC10とC12のコンデンサーの取付け箇所を探しました。


IMG_2949.jpg C12は直ぐに見つかったのですが、C10がなかなか見つかりません・・・。しばし回路を追った後に、Bassポットに近接する緑のC3のコンデンサーを固定しているシリコンコーキングの盛りの下からC10を探し当てました。(まさに発掘です)


IMG_3003.jpg そしてC10とC12のコンデンサーを取り外して、ワニ口クリップを取り付けて・・・、


IMG_2999.jpg 回路図から好結果となりそうなコンデンサーの容量を推定して、手持ちのコンデンサーの中からC10とC12の2群の候補を選択し・・・、


IMG_2990_20200229094106eff.jpg 1ケずつクリップに咥えてアンプの出音をチェックしました。先ずはC10からのチェックからだったのですがその変化に驚きました。これまでは良く言えば“締まった”、悪く言えば“線の細い”出音だったのが、中低域がグッと膨らんだファットなものになっていました。


 ハイの絞り具合を変えるつもりだったのが、低域の出具合の変化の方が大きかったです。変化具合を別表現すると「細い直径の水道管を太い径に交換したら、がぜん水の出が良くなった」となります。

 また、ほぼ同じ容量のコンデンサーを選択しているのに係わらず。個体毎で音量・音質変化に明確な差異があったので、好みの出音となるコンデンサーを決定するのが容易でした。その後にC12のコンデンサーの選択に取り掛かったのですが、こちらは個体毎の差が微妙過ぎて、なかなか一つに絞れなかったです。

IMG_2998.jpg そこで手持ちの3回路4接点のロータリースイッチを利用して、デフォルトを含む4ケのコンデンサーを組み付けして・・・、


IMG_2984_202002290942278e0.jpg アンプシャーシに貼り付け、4ケのコンデンサーを切り替えしながら出音の変化をチェックしました。デフォルトの1/2の容量のコンデンサーを含めてチェックをしたのですが、こちらではC10の時のような大きな音量・音質変化が得られなかったので、C12はデフォルトのままとする事にしました。


IMG_3008_202002290945164a2.jpg 交換したC10のコンデンサーは隣のC3と抱き合わせて元のようにシリコンコーキングを盛り、スピーカーの振動による不具合の発生予防としています。


IMG_3017_2020022909451701c.jpg コンデンサー1ケの交換で生まれ変わった出音となったSVT-450Hです。ハイをコントロールすべく対応したはずなのに中低域が太くなり、結果OKとなっています。


 ツマミセンターで音質フラットを目指すには、コンデンサーに直列に抵抗を噛ませる事が考えられるのですが、フラットといってもオーディオ的な結果を求めているのではないので、自分の耳にとって好みになった現状の出音で満足しています。抵抗まで考慮し始めたら“泥沼”にハマり込むのが必至ですし、今回2ケのコンデンサー交換を検討しつつ1ケの交換に留めたのも、それが理由です。

 そして今回の記事で使用した全てのパーツは手持ちのもので、新たに購入したものはありません。原価ゼロで休日の丸一日がかりの作業をとことん楽しんだ私です。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム