FC2ブログ
 これまでのメンテで出音と演奏性が向上した68TLBにもう一点気になるところがあり、手を加えました。それはナット交換なのですが、以下の3点の理由により交換する必要があったので、それを説明します。

IMG_2821.jpg ① フレットの指板エッジ部に大き目の面取り加工がなされている為に、特に2~3フレット部で少し強め(ラフ)に押弦すると4弦が指板サイドにツルリと“弦落ち”してしまう事がありました。


IMG_2824.jpg ② 4弦のネックサイドにアルミのストレート定規を当ててチェックすると、0フレット(=ナット)から3フレットにかけて凹にくぼんでいます。CBSに買収された後のFenderの粗い仕事ぶりの表れでしょうか?


IMG_2819.jpg ③ ナットの溝切り具合を計測すると、1弦外面~指板側面の距離は4mmですが、弦の振幅がより大きい4弦側は3.5mmと小さな数値でした。


 以上の3点の悪条件が重なり合って4弦が“弦落ち”する要因となっていたのでした。



 この“弦落ち”解消の対応としては、削れ過ぎているフレットの面取りの修正やネックサイドの凹の形状変更は現実的ではないので、ナットを交換して溝切りをやり直す事にしました。

IMG_2850.jpg 既存のナットを取り外したところ、底面に金型の跡がある事から樹脂製のリプレースメントパーツでリナットされていた事が分かりました。


IMG_2848.jpg 新たなナット(画像手前)は牛骨製(ボーンナット)です。そしてこれまでのナット(画像奥)の幅は43mmでナット部のネック巾44mmよりも少し狭かったので、広めのものをチョイスしています。又このナットは無漂白なので骨の油分により黄味がかかっています。


IMG_2854_20200215155318256.jpg 整形してコンパウンドを掛けると、油分が浮き上ってきて透明度がアップしています。この油分により、チューニング時に溝切り部での弦の滑りが良くなりそうです。




IMG_2871.jpg 新たなナットを取り付けました。


IMG_2860.jpg ナット部で1弦外面~指板側面の距離は元と同じ4mmですが、4弦側は4.5mmと元よりも1mm広くしています。


IMG_2873_202002151555597fa.jpg 4弦がナット部でこれまでよりも1mm程ネック中心側に移動したので、2~4フレットにかけて4弦外面~指板側面の距離が広がった結果、“弦落ち”は解消されています。




 今回の一連のメンテで、これまでの不満点が一気に払拭されてベストと言って良いほどの状態となった68TLBです。古い楽器だからと諦めて不満点をやり過ごすのではなく、しっかりとしたメンテナンスは必要だなと改めて考えさせられました。

IMG_2897.jpg         IMG_2890.jpg
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム