FC2ブログ
 これまでで一番マッチングが良いと感じられるGHSの弦に交換した68テレキャスターベース(68TLB)ですが、電装パーツも再検討しました。これまではSeymour DuncanのOPB用Antiquity Ⅱ PUを使っていたのですが、気に入った弦が得られたので、保管していたオリジナルのPUでの出音を聞きたくなったのです。

IMG_2828.jpg Antiquity Ⅱ(右側)を取り外して、オリジナル(左側)と並べました。Antiquity Ⅱの表側のボビンは黒色だったのをグレーに塗りエイジド加工を施しています。


IMG_2884_20200215150957b2c.jpg オリジナルPUのポールピースの出具合です。左が4弦側で、3弦用のポールピースが抜きん出ています。これが曲者で、4弦の音量が小さ過ぎて各弦の音量バランスが取れないので、左端に置いている2.5mmの厚さにカットしたポールピースを用意しました。


IMG_2887.jpg これを4弦ポールピースが延長するようにくっつけると、4個のポールピースの頂点は1直線になります。これをボディーにインストールしてアンプからの出音をチェックしたのですが、まだまだ4弦の音量が小さくて、芯の無い出音としかならなかったので、即Antiquity Ⅱに戻しました。やはりオリジナルPUは使えなかったです。


IMG_2831.jpg PUの取替えでは更なる良音を得られなかったので、もう一つの音色変化のパーツであるトーン・コンデンサーも見直してみました。右下に置いているデフォルトの国産NISSEIのコンデンサーを取り外した後に、手持ちの数個のコンデンサーをワニ口クリップに挟んで音色比較をして、一旦は画像のダイレクトロン(サークルD)が最もぶっとい音となったのですが、オケに混ざると全く抜けなかったので、結局はデフォルトのNISSEIに戻しています。


 色々と試行錯誤したのですが、これまでの電装パーツがベストなものだと再認識できたので、これはこれで良しとします。



IMG_2836.jpg PU関連なのですが、これまでは明るめのトーンのフラット弦を張っていたので、5mm厚のアクリルクリアー板から作製したサムレストをPUのネック寄りのピックガードに貼り付けて、ここで弾いていました。


IMG_2875.jpg この度、GHSのフラット弦に交換して低域がボコッと強く出るようになったので、指弾きのポジションを広げる為にサムレストを作り替えました。PUからブリッジ方向に長さを延長して、PBのPUの位置までにしています。


IMG_2879_20200215150955e2e.jpg サムレストは親指が4弦ネック側~サムレスト~4弦ブリッジ側の間をスムースに走れる形状とし、かつピックガードへ両面テープで貼り付けている面を若干スロープに加工して、サムレスト表面と4弦との離れを均一にしているので、親指の移動がとても楽です。OPBを一度でも弾かれた方はお分かりでしょうが、デフォルト状態だと親指がカバーレスのPUとキャビティーとの隙間にはまり込んでとても弾き辛いです。


IMG_2901.jpg 以上で、出音と演奏性が更に向上した68TLBです。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム