FC2ブログ
 殆どの5弦ベースは5弦(ローB弦)の張りがベロベロに緩くて、YouTubeで見る試奏動画でも5弦を弾いた途端にグズグズに崩れた出音が聞こえてきます。

 私が所有する唯一の5弦ベースVestax BV-Ⅴは、5弦のみをボディー裏通しとし、かつサドル部で弦の折れ角度が大きくなるようにブリッジサドルを加工して、張り具合(所謂テンション感)の向上を図っています。

 その反面、1~4弦はデフォルト状態で張り具合が強くて、高音弦をプルすると「ピチッ」とだけの発音で余韻が少なく感じていました。おそらくは5弦用の太目のネック、そしてセットネックの為にベース全体の剛性が高い為に、高音弦の弱い弦振動エネルギーがネックに伝わる前に減衰してしまうからだと考えます。

IMG_2937_20200215094835e93.jpg この対応として、1~4弦のペグポストへの巻き付けを下から上へと逆にして、ナット部の弦の折れ角度を緩くして、弦が揺れやすい状況にしていました。この状態でしばらく使っていたのですが、それでもまだ特に1・2弦の張りが強くて、指の当たり具合と余韻の少なさが気になっていました。




 そこで最後の(?)対応としてブリッジを追加加工する事を考えたので、図面で説明します。

IMG_2935_202002180900433f1.jpg


 上図の左は加工前のブリッジの断面図で、ブリッジエンドの立ち上がり部の貫通穴に弦のボールエンドが固定されているのですが、立ち上がり部に厚みがある為に一旦この穴の出口で弦が折れています。そしてここからサドル部でも折れているので、黄色の△の折れ曲がり部が計2ヶ所あることになります。

 そこで、中の加工箇所の図で赤色で示した弦の貫通穴の上部を斜めに削り落とせば・・・、

 右の加工後のように立ち上がり部での折れは無くなり、サドル部での折れ角度も緩くなるので、弦の張り具合が減少するというものです。



IMG_2920_202002150954327fc.jpg これを実行する事にして、ブリッジをバラしてエンド部の1~4弦の貫通穴の上部を棒ヤスリで削って長穴に加工しました。5弦(右端) の貫通穴は裏通しでは使用しないので無加工です。


IMG_2922_2020021509543364a.jpg そして5弦のサドルは裏通しの穴方向に追加の削り加工を行っています。




 ブリッジを再び取り付けして、弦を張りチューニングとセットアップを行いました。以下の画像の左が加工前で、右が加工後です。下の画像では言われなければ気付かない程度の変化ですが・・・、

IMG_2903_20200215140515cb4.jpg


 真横からの画像では分かり易くなり、1~4弦のサドル部での折れが緩くなっています。

IMG_2906_20200215140516b84.jpg


 そして5弦にピントが合った画像では、ここでの折れがきつくなっているのが分かります。

IMG_2907_2020021514051728a.jpg




 試奏では、若干ではあるものの1~4弦の張り具合が緩くなり指の当たりが和らいでいました。そして高音弦のプル時にはフレットに弦が当たる音が「ピチッ」から「ピッチィン」と弾みと余韻を感じる出音となり、耳にも優しい響きとなっていました。逆に5弦の張り具合は強くなり、5弦のローポジを強く弾いてもグズグズに崩れずに、しっかりと音程が把握できるようになっています。

 1~4弦と5弦とは真逆のセッティングとなっているのですが、これで全弦の弾き加減に統一感が出ています。先日のバンド練習において、各弦の出音の繋がりが良くなった事、そして音色に膨らみが加わってリッチになった事も確認しています。

IMG_2932_2020021509543514c.jpg 市販でここまで極端なセッティングが施されている5弦ベースは皆無ですが、私にとってはとてもしっくりくるセッティングのベースとなっています。ネット等で気になる5弦ベースが現れる事もあるのですが、まだまだ私の中ではこのVestax BV-Ⅴの優位性は持続しそうです。
スポンサーサイト



コメント
富さん、コメントをありがとうございます。

0.145という選択肢もあるのですね。

実は現在、別の5弦ベースのローB弦の選択を行っています。
0.130や0.130のテーパード弦を試してはみたのですが、音色が深くなり過ぎて歯切れが無くなっています。
音色の好みとしては0.125なのですが、テンション感は低くなりますね。
5弦ベースを出音も弾き心地も満足にするセッティングって本当に難しいです。
ダダリオのテンションチャートですと、通常の4弦と同じくらいの張力の弦は.145になります。
実際、.145をローBに張るとちょうどいい感じに収まります(テーパーコア必須)。

5弦だけ張力が低いのは個人的に気になってしまうので(笑)、バランスを取るようにしています。
すわべさん

>ローB弦の不自然さには諦めのようなものがあります。
今のベーシストは初めて弾いたのが多弦というのもあり得るのでしょうけど、私(すわべさんも含めて)は4弦ベースを長く弾いてきた後で多弦を弾いたので、違和感があるのは当然の事と思います。

>ローB弦は早くヘタリ易いような気もします。
こちらも同感です。ヘタったローB弦は音程が更に不明瞭になりますね。

>結局普段使うのが4弦ベースに戻ってしまった
私も参加するバンドで5弦が必要なのであえて使っているって状態です。
そしてローB弦の話ではあるのですが、4弦ベースの4弦解放と同じ音は5弦ベースの4弦では出ないと感じています。

私も5弦や6弦と言った多弦ベースを所有していますが、ローB弦の不自然さには諦めのようなものがあります。
私所有の物だと、加工してテンションを稼げるような構造ではないのでポストへの弦の巻き具合で工夫しようとしましたが、あまり効果を感じられないでいます。
また、ローB弦は早くヘタリ易いような気もします。

結局普段使うのが4弦ベースに戻ってしまったのもコレが原因だろうと思っています。
マチャさん

これまで所有していた全ての5弦ベースのローB弦の解放を蛍光灯の元で弾くと、弦のウネリが見えていました。
この度のVestaxはこれが無くて、ちゃんとナットとサドル間で揺れて見えます。
軽いタッチでローB弦を鳴らしているプレイヤーもいらっしゃるのですが、その弾き方は私にできないので、ブリッジ加工を行った次第です。
4弦と5弦がスムースに繋がるベースって少ないというか、無いのでは?とも思っています。
ローB弦の張りがベロベロに緩くて・・・とやはり思われていたんですね。
私はこれが嫌で5弦ベースには手を出していません。まあ必要なかったり弾きこなせないだろうという理由もありますけど(^^;;
一部のメーカーで5弦だけ裏通しにしたりしてますがもっとメーカーがローB弦のテンションなど考えて開発しないのか不思議ですよね。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム