FC2ブログ
 指板がいわゆるS字の波打ち状態なので、リペアショップでは弦のテンションを掛けた状態を再現する特殊器具を使って指板を擦り合わせするのですが、私はそのような器具を持ち合わせていないので、弦のテンションが掛かった時と弦をフリーにした時の指板の状態が同様になるようにトラスロッドを調整しました。

IMG_2217.jpg 傷付け防止の為にボディーを同形状にカットした厚紙で養生しています。そして指板の摺り合わせ前には加工状況の確認用に白の色鉛筆で斜線を描きました。


IMG_2226.jpg 擦り合わせの手順としては、いきなりアールの形状を整形するのは難しいので、知り合いのサッシ屋さんでいただいたアルミの角パイプの一面にサンディングペーパーを貼った擦り板で、指板中心線上をフラットに擦った後に、サンディングブロックを使って指板全体をアールに整形していきました。サンディングブロックはRが9.5インチ≒241mmのものを使用しています。(Fenderよりも大きなRです)


IMG_2229.jpg サンドペーパーの番手を徐々に上げて擦り合わせが終了しました。12フレット辺りはもう少し削りたくもあったのですが、ハイポジはかなり削っていて指板サイドの元のポジションマークが指板真上から見えてくる恐れがあったので、その手前で加工を止めています。作業途中には2度弦を張って、指板の具合をチェックしています。


IMG_2230_20191114091459bf4.jpg 擦り合わせ後の指板には保護・艶出しとしてXoticのOil Gelを塗布しました。


 これはオイル系なのですが、乾くと皮膜が形成されるもので、各回の塗布の乾燥後に細かなペーパーで磨くという作業を十数回程繰り返した後は、薄いウレタン皮膜のような仕上がりとなっています。

IMG_2284.jpg         IMG_2285.jpg


IMG_2287.jpg 指板のストライプドエボニーの縞模様の濃淡がくっきりと浮かび上がり、照明を反射する艶も出ています。現代はこの高級な指板材を使うベースは少ないのでは?と思います。


IMG_2298.jpg 4弦側指板サイドは白の塩ビ板でフレットポジションが良く分かるようになっています。これは以前に所有していたGodin A4の仕様を参考にしています。

 元のウレタン塗装が所々剥げていた指板サイドは、新たな塩ビ板の小口の引っ掛かりを防ぐ為にもクリアー塗装を行い、フラットに仕上げています。
スポンサーサイト



コメント
すわべさん

これまで所有していたBBの縞黒檀の指板には「こんなものか・・・」くらいの印象だったのですが、フレットレスにしてオイルで磨きあげると全く別物のように綺麗になっています。
すわべさんのBBも磨いてみてください。
オイルで磨いた縞黒檀、すごく綺麗ですね!
私のBB1200も磨いてやる事にします(笑)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム