FC2ブログ
 先の記事でフロントPUをノンリバ期のクロームメッキに替えたESPのThunderbirdリバースと、68Thunderbirdノンリバとの出音の違いをチェックしてみましたところ、近い音質と思われた両ThunderbirdのフロントPUなのですが、以外にも音質に差が感じられました。

 リアを絞ってフロントピックアップのみの音質比較で、68ノンリバは低域に、ESPは高域に寄った音質だったのです。

IMG_0193a.jpg 元々この68ノンリバの出音はリアPUをミックスしても少しモコり気味だったのが気になっていたので、両ThunderbirdのフロントPU同士を入れ替えてみたところ、68ノンリバには歯切れが、ESPにはローの深みが加わり、共に好みの音質となりました。


 上の画像で68ノンリバのピックアップが薄いブルーに見えるのは、ピックのタッチノイズ対策で貼ったクリアーフィルムの色のせいです。

IMG_0191a.jpg そしてもう一本所有する64リバースを加えた3本が近い音質になったのを確認しています。


 60年代のFender JBのPUには、ブラックとグレーのボビンによる音質の違いがあるのはよく知られたところなのですが、ThunderbirdのPUにもニッケルとクロームのメッキ違い(≒製造年違い)での音質の違いがあるとも言われています。

 更に今回のチェックで同じクロームメッキPUでも出音に個体差があるのが判明したので、イメージするだけではなくて、実際にアンプにプラグインして聞かなくては出音は分からないという事になります。とは言うもののビンテージのPUでしか得られないビンテージThunderbirdの出音の範ちゅう内での違いなのですが・・・。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム