FC2ブログ
 相も変わらず、細かな事をやっています・・・(汗)。これまでに色々と手を加えてきて、気に入った出音となっているFullertoneのJBですが、今回はルックスをより好みの物とすべく、ピックガードを交換しました。

 ここしばらくは入手時のオリジナルのグリーンガードを少し緑の薄い物に交換して使っていました。

IMG_0144a.jpg         IMG_0145a.jpg


 昨年末に66JBに同年代のホワイトピックガードを入手して取り付けして、それまでのピックガードは取り外していたのですが、そのピックガードは某エイジド加工専門店でオーダーしたもので、エイジドホワイトの汚れ具合が気に入っていたので、これをFullertone JBに取り付ける事にしました。

IMG_0146a.jpg         IMG_0147a.jpg


 ただし、そのままポン付けとはいきません。同じJBタイプとは言え、ピックガードの取り付けビス穴のピッチには個体差があるので、ビス穴を一旦埋めて穴を開け替える必要があります。

IMG_0148a.jpg 今回、穴埋めに使用したのはホームセンターで選んできた水性の白パテです。水性にしたのは不要な箇所にパテが付着しても乾燥する前なら拭き取れるからです。これまでこのような穴埋めの際にはホットボンドを使用していたのですが、それよりもパテの方が硬化後の硬度が高いので、仕上がりに期待が持てます。


 これまでのビス穴の全てをパテで穴埋めしました。水性なので乾燥すると肉痩せする為に、痩せ具合をチェックしながら計4回のパテ付けを行っています。一般的なパテ埋めは山に盛って硬化後にパテを削るのですが、このピックガードはラッカー塗装で汚れが入れてあり、パテを耐水ペーパーで削るとその周囲の汚れも消える事になるので、その意味でも少しづつのパテ付けとなっています。

IMG_0149a.jpg         IMG_0150a.jpg


 パテの容器に色調は白と記載されていたのですが、実際はオフホワイト色で、エイジド加工された白ピックガードに色合いがとても馴染んでいたので、ラッカー等による色合わせは行っていません。ただし乾燥したパテ表面は艶消しになったので、クリアーのラッカーを筆で薄く塗っています。

IMG_0151a.jpg オリジナルのグリーンガードからビス穴の位置をトレースして、穴開け・皿グリを行いました。ピックガード取り付けビス穴の径は勿論の事、ピックアップフェンスやサムレストの取り付けビス穴の径も60年代のピックガードの穴径を測定して、穴開けドリル刃の選定を行っています。


 取り付けビス穴には箇所により最大で1mm程の位置ズレがあったのですが、ピックガード全体にエイジド加工が施されているので、それほど気にはなりません。又、位置ズレした穴の内側にはパテが充填されているので、白+黒+白の3プライの黒はないのですが、その不具合はビスを取り付けると見えなくなります。

IMG_0152a.jpg ビス穴を開け替えしたエイジドホワイトのピックガード<右>をこれまでのピックガードと並べてみました。<中>がこれまで取り付けしていた緑の薄いグリーンガード、<左>はFullertoneのオリジナルの緑の濃いグリーンガードです。比べるとそれぞれの色味の違いがよく分かります。


 エイジドホワイトのピックガードを取り付けしました。色褪せたショアライン・ゴールドのボディーには今回のエイジドホワイト色のピックガードがよりマッチングすると感じています。

IMG_0153a.jpg         IMG_0154a.jpg


IMG_0156a.jpg 出音や操作性そしてルックスまで私好みとなったFullertone JBです。大切に扱っている“本妻”の61JBは“本番”のみの使用で、自宅やバンドでの練習ではこればかり弾いています。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム