FC2ブログ
 私の63PBはレアなブロンズ塗装(リフィニッシュ)でライトアッシュボディーという事で、アルダーボディーのPBでイメージするファットな出音と異なり、歯切れ良い出音が特徴となっています。

IMG_8923.jpg これまではその歯切れ良さを更に増強する為に、オリジナルの状態からトーン・ポットを250kΩから500kΩへ、トーン・コンデンサーを0.1μFから0.05μFに交換していました。


IMG_8924a.jpg アルミプレートは、ジャック廻りで破損したピックガードの補修部を補強する為に作製したものです。このプレートの取付け前はプラグを右手で抜く際に更なる破損の防止の為にピックガードを左手で押さえ付ける必要がありました。上画像でキャビティー底に見える銅板のシールドプレートも自作して追加したものです。


 この63PBはこれまでラウンド弦だったのですが、少し前にFenderのフラット弦に交換していました。このFenderのフラット弦は材質がステンレスで一般的なフラット弦よりも高域が強く出る弦で、これをこれまでの歯切れを増すトーン回路に交換している63PBで使うと、高域が立ち過ぎて低域が不足気味になる感がしたので、トーン回路を元に戻す事にしました。


IMG_8930.jpg 回路を元に戻した状態で、配線材以外のポット×2・コンデンサー・ジャック等は63年のオリジナルパーツです。オリジナルの配線材は撚線に青錆が発生していたので再使用していません。以前の使用時にはガリが発生していたポット×2は入念にクリーニングを行い、ガリを消しています。配線の引き回しもオリジナルを踏襲しています。


IMG_8938.jpg パーツ交換が終わった回路にピックガードを取り付けました。ピックガード裏の薄いアルミ・シールド板(オリジナル)は発生していた錆をサンドペーパーで落としたので、ペーパー傷だらけです。このくらいガシガシと削らないと錆が落ちなかったので・・・。

 ボディー上に置いているのがこれまでのパーツで、左から250kΩのボリューム・ポット、0.05μFのトーン・コンデンサー、500kΩのトーン・ポットです。


 1963年の製造時のパーツに戻った回路からの出音は、トーンツマミがフルアップでもこれまでよりも幾分モコっているのですが、ステンレスのフラット弦からの高域をカットする為に更にトーンツマミを絞った時に塩梅良いモコり具合になり、落ち着きのある音となっています。

IMG_8942a.jpg


 そして上画像をご覧になれば、ブリッジ部に小さなウレタンスポンジでの弦ミュートがあるのが分かるのですが、このくらいのソフトなミュートで音の伸びが私の好みの状態になります。

 PBにスポンジミュートと言えば、Queenのジョン・ディーコンをイメージする私ですが、映画“ボヘミアン・ラプソディー”でのPBにはどの年代も一切スポンジミュートがなされていなかったですね。せめて初期のロングヘアー時のPBにはミュートが欲しく感じた私です。もう一点、Live Aidの際にジョン・ディーコン役が穿いているジーンズがボタッと太いのが気になりました(笑)。本物はもっとタイトでしたので・・・。



 ネットパトロールをしていたら、同様にアルミプレートでの補強がなされているPBを見掛けました。こちらは、トーンポット~ジャック間の補強となっています。

1959-PB-SB6__36.jpg         1959-PB-SB6__37.jpg


1959-PB-SB6__35.jpg 「うーん、良い仕事していますね」と評価したかったのですが、アルミプレートが大き過ぎたのかボディーを削って収めています。仕事振りは私の方が丁寧です(笑)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム