FC2ブログ
 68Telecaster bass Pink Paisley(以下68TLB)の塗装をメンテしました。

IMG_8990.jpg


 この68TLBは通常のテレベの木ボディーの表と裏面にペイズリー柄の紙を貼り、その上にこってりと厚いポリウレタンクリアーを吹いた仕上げで、木ボディーとポリ塗装がダイレクトに密着していない為に、殆どの個体が経年変化でトップのポリ塗装にクラックが入っています。そしてクラックだけならまだしも、ポリ塗装がペイズリー柄の紙を引っ張って、ボディーから剥離している(浮いている)事もあります。

 私の68TLBもご多分に漏れず、ポリ塗装がボディーから浮いて、指で叩くとペコペコと音がする箇所がありました。これを放置するとポリ塗装が裂けて衣服などに引っ掛かり、めくれ上がる事も考えられるので、今回対処する事にしました。

IMG_8952.jpg ボディー周囲をチェックしてダメージの大きい箇所を選びました。クラックがT字に交わる箇所にカッターナイフで切れ目を入れて、爪楊枝を挿し込んでポリ塗装を浮かし、ポリ塗装と共に浮いたペイズリー紙とボディーとの隙間に低粘度の瞬間接着材を注入しました。(内視鏡手術の様ですが・・・笑)


IMG_8957.jpg すぐさま大型クリップで接着箇所を押さえ込み、接着剤の硬化を待ちました。この手順で表裏で計6箇所のポリ塗装浮きに対処しています。


IMG_8964.jpg T字型クラックは上記の方法で対処したのですが、直線のクラックではポリ塗装を無理やり浮かすと新たなクラックが発生する恐れがあるので、エナメル・クリアーをクラック筋に滲み込ます方法で対処しました。エナメル塗料にしたのは溶剤がポリ塗装を侵す心配が無いので、塗料がはみ出ても直ぐに溶剤で拭き取れるからです。


 エナメル塗料でのクラック処理は以前に行っていたのですが、瞬間接着材の注入は今回が初めてでした。瞬間接着材といえば硬化後に白く粉を吹くケースがあるのを懸念したのですが、今回はクリアーのポリ塗装の裏ではなくて、ペイズリー紙の裏に瞬間接着材を注入したので、施工後しばらく様子を窺っていてもボディー表面側にはなんら問題が発生していません。

 今回の処理は目に見えるクラック筋の消去にはなっていないのですが、経年変化を感じつつもダメージとはなっていない、味わい深い仕上がりとなり、満足しています。

 弾きっぱなしでOKの手間要らずのヴィンテージ楽器もあるのですが、今回のように手が掛かるのもそれはそれで可愛いものです。50歳を超えたベースですので、今後もお肌のお手入れをしながら、弾き続けていければと考えています。
スポンサーサイト



コメント
すわべさん

ベースをイジル箇所が無くなり、オペまでする破目になりました(笑)。
なんとなく外科手術のような雰囲気です!
shinmei_tさん

お肌の曲がり角はとっくに過ぎているので、メスをいれてプチ整形しておきました(笑)。
アンチエイジングですね(笑)。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム