FC2ブログ
 自宅での練習用機材です。

IMG_8398.jpg


 和室の縁側(広縁)にL型に置いたスチールラックの左はベースのハードケース置き場(取り出しはラックの更に左側から)で、右ラックの下段のベースアンプのスペースには、Ampeg SVT-AVヘッドとSVT-212AVキャビネットが収まっています。これは気分によってAmpeg B-15Sになったり、ヘッドがAmpeg V-4BHに替わったりもします。

IMG_8402.jpg 今回の記事はこのベースアンプについてではなくて、ラック中段のモニター機材についてです。ここにはこれまでステレオのコンボが収まっていたのですが、マイ・スタジオの機材を替えたタイミングでこちらの機材も一新しました。


 スピーカーはマイ・スタジオのモニタースピーカーを10インチから12インチウーファーに替えたので、これまでスタジオやライブの持ち出しで使っていた10インチのCLASSIC PRO CP10Ⅱを自宅に持ち帰りました。

IMG_8404.jpg ミキサーは同じくCLASSIC PROの8chパワードミキサーPM802FXを新調しています。


 この機材で練習用の音源を流しながらラック下段に置いたベースアンプを弾くと、とても心地良く練習ができるのですが、やはり真空管アンプからのベース音は低音が響いてくるので、家人からのクレーム防止(汗)と、夜間にはもう少しタイトな音で練習したいとの思いで、ラック中段のモニタースピーカーからベース音を出す事を考えました。こうするとモニタースピーカーをオフにしてヘッドフォンでの練習も可能になります。

 となると当然の事ですが、ミキサーにベースのプラグをダイレクト・インすると、音は出るもののインピーダンス違いの問題があるので、D.I.の導入を検討しました。都合が良い事にバンドメンバーのギタリストのアキラさんが音響屋さんなので、そちらの機材をお借りしてチェックさせていただきました。

IMG_7945.jpg 先ず初めには(写真を撮り忘れたのでネットからの拝借画像です)、RadialのJDⅠをチェックしました。これは電源不要のパッシブD.I.で入力と出力の音量差が無いタイプなのですが、どうもミキサーのPM802FXとの相性が悪いのか、私のコントロールが下手なのか、入力ゲイン調整がとてもシビアになってしまい、求める音量にするとミキサー内で歪加減になってしましました。


IMG_7946a.jpg そこで今度はアクティブ回路を持つD.I.をチェックしてみました。画像の右2台は次にアキラさんからお借りしたどちらもド定番のBoss DI-1とCountryman TYPE85です。左は以前から私が所有する無名ブランドのDI-100です。


IMG_7947a.jpg この3台をチェックしたところ、音質云々の前にD.I.からの出力が異なっているのが分かりました。アクティブD.I.なので各メーカーが独自に設定した出力となっているのですが、アッテネーター付のBoss DI-1とDI-100はそれを0dBにした状態で、出力の大きい順にBoss DI-1 → DI-100 → Countryman TYPE85となっていました。


 先に”音質云々の前に”と記したのですが、実はこの出力の大きさは音質にかなり影響を及ぼします。D.I.の出力が大きいとミキサーの入力ゲインは低く設定するのでモニタースピーカーからの出音は歯切れよくクリアーになります。逆にD.I.の出力が小さいとミキサーの入力ゲインを高めに設定するので、ミキサー内で少し歪が加わってモニタースピーカーからの出音はファットなものになるのです。

 この3台のチェックでは、アクティブ回路ではあるものの、先にチェックしたパッシブ回路のRadial JDⅠよりも少し大きめの出力のCountryman TYPE85が、ミキサーを通してのモニタースピーカーからの出音が好みのものとなりました。

 「これはCountryman TYPE85を購入すべきかな?」と検討を開始する前に、手持ちのDI-100に付いている入力アッテネーターを0dBから-20dBに下げてチェックしたところ、Countryman TYPE85の出力と同等の出力となった為にモニタースピーカーからはCountryman TYPE85を通した際に近い出音となっているのが確認できました。

 よって今後は手持ちだったDI-100をD.I.として使っていく事とし、その入力アッテネーターのセッティングをさらに詰めたところ、パッシブ・ベースは0dB、アクティブ・ベースは-20dBとすると塩梅良い出音となるのが分かりました。(アクティブ・ベースを0dBのままでミキサーの入力ゲインを絞って音量調整を行うととてもショボイ出音になってしまいました。)

IMG_8411.jpg 左画像はDI-100をエフェクターボードに組んだものです。左下はAmpeg Baby bassの2つのピックアップからの信号をミックスするBOSSのラインセレクターLS-2、右下はLS-2からの信号ともう一本のエレキベースとの切り替えとチューニングを行うKORG Pitchblack+です。切り替わったベースの信号はDI-100に入り、そこから素の信号はベースアンプにギター用ケーブルで、そしてローインピーダンス化された信号はパワードミキサーPM802FXにXLR端子のケーブルで送られます。


 今回のD.I.のチェックで入力・出力のゲインの調整はとても奥が深い事が分かりました。ベースから出た信号は、D.I.のアッテネーター、ミキサーの入力チャンネルのゲイン&ボリューム、ミキサーのマスターボリューム、スピーカーのアウトプットレベルコントロールと5つのゲインコントロールを通過しているので、その重要性は当然ですね。これらのゲイン調整のみでEQの操作はせずにある程度までは好みのベース音を作れます。

 そしてこの度はアキラさんから機材をお借り出来たので一気に定番のD.I.のチェックが行なえて助かりました。このチェックが出来なかったら、一台ずつ購入しては「あれはダメ、これは良い」とD.I.選択の”泥沼”に陥る事になるところでした。アキラさん、ありがとうございました。

 追記:モニタースピーカーからの出音は気に入ったものとなったのですが、このセッティングのままでヘッドフォンモニターすると、カキン・カキンの固いベース音となりヘッドフォン用のリセッティングが必要となりました。モニタースピーカーとヘッドフォンでは音響特性が異なるので当然の事なのですが、これはこれで”泥沼”ですね(汗)。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム