FC2ブログ
IMG_7889.jpg 以前からドイツSommer(ゾマー)社製のギターケーブルSpirit XXLを使用しているのですが、同メーカーでColonel Incredibleという製品が気になったので試してみました。


IMG_7888.jpg Spirit XXLと同じく、知り合いのPA屋さんからケーブルは切り売り、プラグはAmphenol(アンフェノール)のストレートとL型を購入して製作しました。


IMG_7880a.jpg ケーブルはこれまで見た事の無い特殊な作りになっています。2芯構造で緑が網シールド付き、赤がシールド無しです。以前、製作ミスを犯した事もあり、今回はしっかりとリサーチを行い、緑の芯線をホットに、赤の芯線と緑の網シールドを撚ってコールドとしました。2芯構造なので方向性を持たせる接続法もあるのですが、私の耳では判別がつかないので、シンプルな接続(方向性無し)としました。


 アンプとベースをこのColonel Incredibleで繋いで出音をチェックしました。これまでのSpirit XXLは凄くタイトな出音で少しローが痩せていて、その分ピッキングのニュアンスが出し易かったのですが、今回のColonel Incredibleは中低域が太目で嫌味なハイは抑えられていました。Belden 8412と似通ってはいるのですが、そこまでは低域が太くなく、高域も削られていないって印象です。

 特に印象深かったのは5弦ベースの使用時で、ローB弦は太くても音像がぼやけずにいてくれて、低域のウネリ感が心地良く感じられました。

 今後はThunderbird BassやPBはSpirit XXLでタイトに、JBや5弦アクティブ・ベースはColonel Incredibleでハイを抑えるという、使うベースに合わせたケーブルの選択となりそうです。

 そして出音ではなくてケーブルを取り扱った際の印象ですが、持った途端にとても柔らかくてクニャクニャとしているのを感じました。これまでチェックしたケーブルの中では一番の柔らかさで、取り回しは楽です。

 表皮はゴム系のイメージですが、Belden 8412のようにケーブル同士がくっ付かずに、サラッとしているので、ケーブルが絡んだ状態の中からでも引っ張ると、スルッスルッと抜け出てくれるのも良いですね。

 以上トータルで、このSommer Colonel Incredibleは、なかなかベース向きのケーブルだと判断しました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム