FC2ブログ
 前の記事にも登場したAmpeg Baby bassの現況報告です。



 先ずは弦を交換しました。前に交換したのはいつかな?とblogの過去記事を調べると2014年7月でした。(blogはこのように検索ができるのが便利です)いくら交換ローテーションが長いコントラバス弦でもさすがに4年を経過すると、ハイが落ちてきて、弦も固くなっています。巻き線の内部に劣化があるのか、弦の表面に膨らみを感じる箇所もありました・・・(汗)。

IMG_7907.jpg 新たな弦もこれまでと同じくThomastik-InfeldのSpirocore Bass Orchestraのライトゲージで、3/4スケールのセット品番は3885,OWです。ラテンやロカビリーのプレイヤーが多く使っている弦です。


 新品弦に交換した事により、これまでの不満は解消されて、歯切れ良い出音と心地良い弾き心地が戻っています。ちょっと驚いたのはアンプからの出音が大きくなった事です。ボディー内蔵のダイアフラム・ピックアップもブリッジに付けたピエゾ・ピックアップからも出力がアップしていたのです。ボディー鳴りは全く無いので素では分からなかったのですが、これが新品弦ならではの振動なのですね。

 弦が死にかけていた(死んでいた)昨今は、音抜けの為に弦を力を込めて(力んで)弾いていたのですが、軽いタッチで(楽に)弾けるようになっています。



 弦の交換の際にテールピースに一加工を施しました。私のBaby bassは元々ボディーエンドの金具に弦を通すタイプだったのですが、別タイプであるテールピース付きのテンション感に近づける為に、木製のテールピースを自作して後付けしていました。

 その際、元々は弦がアース結線されたアルミ製のボディーエンドの金具を経由して電気的にアースに落ちていたものが、木製テールピースを介した為にアースに落ちない状態となっていたのでした。

 Baby bassのダイアフラムピックアップは2つのコイルがハムバッキング接続されていてノイズが少ないので、これまで弦アースの必要性を感じずに使っていたのですが、4年振りの弦交換でもあるので、この際にちゃんと弦アースの対応をしておこうと考えたのです。

IMG_7896a.jpg 弦アースの対応はとても簡単で、木製テールピースの裏側の弦のボールエンドが固定される箇所に、4ヶ所の弦の貫通用穴を開けた銅板を両面テープで貼り付け、その銅板とテールピース固定用のステンレス線とを錫メッキ線で繋ぎました。(木製テールピースの裏側のグレーの板は共振防止用に貼った鉛板です)


IMG_7903.jpg この銅板の貫通穴に弦を通すとボールエンドが銅板に触れて、弦がアースに落ちる仕組みです。


IMG_7925.jpg ブリッジサドル部の弦とアウトプット・ジャックのコールド側の間の直流抵抗値をテスターで測定したところゼロΩで、弦がしっかりとアースに落ちているのが確認できました。細かな事ですが、弦のサドル部では抵抗値がゼロだったものの、ネックヘッド部へと測定ポイントをズラしていくと、僅かながら抵抗値が増えていきました。弦表面の巻き線材には電気的に幾らかの抵抗があるようです。


 先に説明したように元々アンプからの出音にノイズは聞こえなかったので、加工後に何らかの変化を感じる事は無かったのですが、一応弦アースへの対応を行ったという安堵感は得られています(笑)



 その他で、演奏性の向上の為の工夫をしています。ボディーがコンパクトなエレクトリック・アップライト・ベース(EUB)の殆どは、ボディーに取り付けたサポート・バーを演奏者の体に当てて楽器を固定するのですが、これにはなかなかに違和感があります。

 これがBaby bassの場合はウッドベース程にボディーが大きくはないものの、ウッドベースと同様に楽器のボディーサイドを体に当てて固定できるので、演奏性はこちらがはるかに上回っています。ただし、少し難点もありました。Baby bassの樹脂製のツルツルとしたボディー表面が、私の脇腹に当たる箇所で衣服と滑ってしまうのです。

IMG_7918.jpg その滑り防止の為に、ボディーサイドの脇腹に当たる箇所に薄いスポンジテープを貼り付けたのですが、これは大正解でした。Baby bassと私の体が滑らずに密着して一体化し、演奏性が向上しています。左足の膝もBaby bassのボディー裏に当てて固定しているのですが、ここはある程度滑りがあった方が都合良く感じたので、スポンジテープ貼りは行なっていません。




IMG_7910.jpg 数年前に入手したこのBaby bassですが、シンプルな作りだけに奥が深くて、好みの音とするのに様々な箇所に手を加えてきました。その結果、ここに来て何とか私好みの出音となってきた感がしていて、参加するラテンバンドの練習時には演奏曲に欠かせないポコポコ音を響かせています。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム