FC2ブログ
 以前PUのポールピースへのタッチノイズ低減対策でポールピースをアースに落としていた63PBですが、最近アンプからの出音に違和感を覚えるようになってきました。それは2個のスプリットコイルの内の1~2弦用コイルは音量が大きくて音質はコリコリの固め、もう一個の3~4弦用コイルは逆に音量が小さくて音質はモコモコにこもっているという状態でした。

IMG_7619.jpg しばらくは音量のバランス調整の為に1~2弦用コイルをボディーに沈めて低く、3~4弦用コイルは高めにして様子見を行っていたのですが、これは経験から後加工の《ポールピースのアース落とし》が”悪さ”をしているものと判断して、取り付けしていたアース用のパーツを取り外しました。


 判断通りにこれで2個のコイルの音量・音質のバランスの悪さは解消できたのですが、元々のポールピースへのタッチノイズ問題が再び浮上してきました。そこでもう一つの手段の《ピックアップにフィルム貼り》を行う事にしました。

IMG_7621.jpg ポールピースに指が触れるとノイズが発生するのですから、指が触れないようにピックアップカバーの表面にクリアーのフィルムを貼る事にして、ピックアップカバーを外しました。剥き出しのピックアップはこの年代の特徴の”ブラックボビン”です。


IMG_7623.jpg 左は加工後の写真ですが、クリアーフィルムなので見えないですね・・・(笑)。タッチノイズがしていたのは1~2弦用コイルだけだったのですが、仕上げを揃える為に3~4弦用コイルにもフィルムを貼っています。この年代のピックアップはポールピースがピックアップカバーと面一なので、フィルムがフラットに貼れています。


 ポールピースの周囲だけに丸くカットしたフィルムを貼る事も考えたのですが、丸カットは作業が細かくなるのと、フィルムが部分的に剝がれる事を懸念したので、ピックアップカバーの表面全体に貼っています。このフィルムはガラスの飛散防止用で、表面が強いので重宝していて、これまで各所で使っています。

 フィルムを貼ったピックアップのアンプからの出音をチェックすると《ポールピースのアース落とし》以前の出音に戻っていました。フィルムは磁界に影響を与えないので、当然ではあるのですが・・・。

 気になるポールピースへのタッチノイズですが、これまでの《ポールピースのアース落とし》以上の効果でノイズは激減しています。これまで見栄えを優先して《ピックアップにテープ貼り》は避けてきたのですが、作業性と効果の高さはこちらが優位と言えそうです。

IMG_7627.jpg 50年経過するとマグネットの磁力が突如減少してピックアップの出力が下がるという”都市伝説”があるのですが、かれこれ55年前のピックアップを内蔵する63PBは今も元気いっぱいの低音を轟かせています。(手持ちの60年代のFenderベースのピックアップで最も出力が大きいです)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム