FC2ブログ
IMG_7614_20180709155102624.jpg これまでのリペア作業で完調となった64リバースと68ノンリバに加えて、もう一本所有するESPのThunderbird Ⅳモデルですが、この出音をヴィンテージに近付ける事ができないか?と考えてみました。具体的にはピックアップ(以下PU)の交換です。


 ヴィンテージのThunderbirdにマッチングするメタルカバーのPUは、リプレースメントパーツとしてそれほど多くの製品は無いのですが、手元にある3種類のPUを取替えしながらアンプからの出音をチェックしました。

IMG_7597_2018070916255045f.jpg


 画像の左下①がESPのオリジナル、右下②がMontreux(モントルー)ブランド、そしてESP Thunderbirdに取り付けているのが③Seymour Duncan Custom Shop製です。各PUの出音をヴィンテージThunderbirdと比較したインプレは以下です。

 ① ESPオリジナル
 とにかくパワーが大きくて音質はブーミー。現行USA Thunderbirdに相通じる出音。( = ヴィンテージサウンドではない)

 ② Montreux
 外寸・外観はヴィンテージPUに近い。音量はESPオリジナルよりも小さいのだが、ヴィンテージPUよりは大きい。その為か音像は密ではなくて、粗い感じ。

 ③ Seymour Duncan Custom Shop
 直流抵抗値はヴィンテージPUと同等で、音色も近いところを狙っているのが窺えるのだが、何故かチェックした3種のPUの中で最もマグネットの磁力が強くて、弦にPUを近づけると磁力のせいで弦振動が不安定になる。

IMG_7633a.jpg 以上、チェックした3種のPUの出音は(やはりと言うか)ヴィンテージPUとは異なっていたのですが、あえて選んだのはSeymour Duncan Custom Shop製のPUです。だだし上記のようにマグネットの磁力がとても強いので、弦振動への悪影響を避けるためにPUをボディーに深く沈めるセッティングとしているのですが、これでも↓の64Thunderbirdよりも大きい出音です。


IMG_7636a.jpg こちらの64ThunderbirdのPUのマグネットの磁力は弱いので、弦に近づけたセッティングにしています。PUの出力はFender PBよりも幾らか大き目といったところで、これをAmpegのベースアンプ側で少し歪ませるという使い方が私の好みで、歪具合もコントロールしやすいです。今回チェックした他のPUは、PUそのものから歪っぽい出音となっているので、アンプ側での(歪も含めた)音質調整はやり辛く感じます。




 PUの出音をチェックしたついでに、ESP Thunderbird(以下ESP TB)がどれほど64Thunderbird(以下64TB)に似通っているのか?をチェックしてみました。

IMG_7609_2018070915510151c.jpg ボディーは4弦側のイカリ肩のデザインが上手くトレースできています。ピックガード、サムレスト、ブリッジ、テールピース等は本物のビンテージパーツに取り換えしているので、自分でもパッと見には先日ブリッジに取り付けした改良サドルの有無でどちらのベースかを判断しています。


IMG_7603_201807091550590bc.jpg 表面では差異を感じなかったのですが、裏面では塗装の色味の違いがよく分かります。64TBは茶色っぽく、ESP TBは赤みが強いです。塗料は64TBがラッカー、ESP TBがポリなので、ESP TBはボディーに触れただけで固く感じるのですが、既に経年劣化でウェザークラックがびっしりと入っているので、大きな違和感とはなっていません。又、4弦側のコンターカットの有無がハッキリと分かります。コンター有りが64TBです。


IMG_7600.jpg ESP TBのペグはヘッド落ち防止の為に以前にGotohの軽量ペグGBR640に交換していたのですが、バンドで演奏する曲にローDの音域が必要なので、最近4弦のペグをヒップショットのDチューナー BT-3に取替えしました。しかし1個をBT-3にしただけでもヘッド落ち感が強くなるので、元に戻すか検討中です。

 ヘッドとネックの付け根には"勲章"のネック折れの修理跡が見えます。アバウトな補修ですが問題はありません。




 以上、ESP Thunderbirdは他のコピーモデルと比べて良くできているとは思うのですが、完調となった2本のヴィンテージThunderbirdの牙城に迫る事はなかなか難しいなと感じました。
スポンサーサイト



コメント
すわべさん

いやいや同じような画像がありますね(笑)
成長記(改造記)を楽しみにしています。
実はウチにも・・・URL参照下さい、さっき投稿した記事です(笑)

サンダーバードにDチューナー、お揃いです(笑)

>弦にPUを近づけると磁力のせいで弦振動が不安定になる

かなりの磁力ですね。
ギター用のハイパワーPUでは時々見かけますが(ディマジオのX2Nは「磁力が強く弦振動を阻害するのでフロント用には向きません」と注意書きが有る程)
ベース用でそこまで磁力が強いのはなかなか記憶に無いかも・・・
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム