FC2ブログ
 ネックの修理が終わった64 Thunderbirdリバースを受け取りに北九州市小倉のクルースラットに行った際、次には68 Thunderbirdノンリバを預けていました。このベースは数年前にこのショップでヒーティングを伴うネック矯正を受けていたのですが、その後にネックが少し動いたので再調整に出したのです。

 そして、この際だったので64 Thunderbirdリバースに取り付けられた“改良サドル”をこちらにも取り付け依頼をしました。この“改良サドル”は現物合わせのワンオフで作製されるので、ベースを預けないと対応できない為にネック調整と同時の作業依頼としたのです。



 この一カ月後に作業が終了した68 Thunderbirdノンリバが戻ってきました。

IMG_7567.jpg 先ずはネックですが、これまではローポジが起きてネック全体としてはS字状に反っていて気になるバズが発生していたのが、ビシッとストレートが出ていてストレスフリーとなっています。私が所有して以降2回目のフレット擦り合わせですが、ネックヒーティングで指板のストレート出しを行ってからの摺り合わせなので、部分的に極端なフレット山の低さは見受けられません。


 そしてブリッジ部です。収まりは64 Thunderbirdリバースに取り付けられたサドルと変わりはないのですが、こちらは試作品から64 Thunderbirdリバースを経ての3rdヴァージョンなので、細かな点で改良が施されています。

IMG_7574.jpg         IMG_7576.jpg


IMG_7577.jpg その改良点は、ブリッジプレートに乗るアルミ削り出しのサドルの底辺部が厚くなり強度と安定度が増している事、そしてもう一点オクターブピッチ調整ビスに通してあるスプリングが円筒形から円錐形に変わっています。この円錐形のスプリングは、4弦のサドルをオクターブピッチ調整の為にブリッジプレートの枠内でテールピース側に近付ける際にペッタンコに縮んでくれるので都合が良いです。




IMG_2328a.jpg こちらは以前に取り付けた事があるリプレースメント・ブリッジです。オクターブピッチ調整は可能だったのですが、角ばったルックスが好みでないのと、重いブラス製でバダス的な音質になってしまったので、長く使う事はなかったです。




IMG_7581.jpg ネック調整とサドルの加工が終わったThunderbird’sです。2本共にこれまでの不具合が払拭されてとても弾き心地が良くなっています。


 入手してから長い期間を経てやっとの事でベストな状態になったこの2本を比較試奏しました。ネックのストレート具合、ピックアップの高さ、弦高、新品の弦等、条件を揃えてのチェックです。その結果、同じくヴィンテージのThunderbirdシリーズではあるものの、キャラクターに違いがあるのが分かりました。

IMG_7590.jpg


 先ずは上の64 Thunderbirdリバースです。こちらはハイにもローにもレンジの広い出音で、かつピックアップの出力が少し大き目です。見た目と共にまさしくロックなベースで、ピックでゴリゴリに弾くと、とても心地良いドライブ音がアンプから轟いてきます。そのアンプはAmpeg SVT-VRで決まりです!

 下の68 Thunderbirdノンリバは、太めのネックとリアピックアップがネック寄りにあるのが要因と思われるのですが、ミッドローにグッと集約された出音です。耳障りな高域や暴れ過ぎる低域の出具合が抑えられているので、指弾きでのR&Bやブルース向きと感じています。アンプはAmpeg B-15Sがベストマッチングです。

 今後はこのキャラ違いの2本をシーンを使い分けながら弾いていこうと思っています。
スポンサーサイト
コメント
すわべさん

写真を撮りながら、自分でも思わず見とれてしまいました(笑)

Fenderのベースは合理的な工業製品というくくりの中から湧き上がるデザインの美しさがあるのですが、Thunderbirdは先ずデザインありきの美しさを感じます。
リバースとノンリバースの2ショット、めちゃカッコイイです。

shinmei_tさん

2本共にネックとオクターブピッチ調整の不満点が解消されて、最強のペアになりました。
だだ、これらを弾くとFenderのベースの出音が物足りなくなってしまうという不満が発生しました(汗)
すっかり雷鳥使いになってしまいましたねw!2本ともオーラーがあっていいです!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム